思わず欲しくなるグッズ!

改札を通ると仮面ライダーに変身?できる電子マネーケース

2011.08.25 THU


開発に当たってEdyの協力を仰いだというEjacket。電源はボタン電池LR44を2個使用する。対象年齢8歳以上。
スマートフォンは便利ですが、ガラケー独自の機能が使えなくなってしまうケースもあります。特にiPhoneやGalaxy Sといった海外製スマートフォンに乗り換えたことで、携帯電話のおサイフケータイ機能が使えなくなったため、再びSuicaやPASMO、Edyなどの電子マネーを持ち歩くようになったという方もいるのではないでしょうか。

こうした電子マネーカードは財布に仕込ませておくのも良いのですが、いっそレジでの支払いや駅の改札通過を楽しんでしまおうじゃないかと登場したのが、バンダイから発売された電子マネー Ejacket 仮面ライダーです。この電子マネーホルダーに愛用の電子マネーカードを装填しておけば、レジや改札にタッチするたび、変身ベルトの風車部分がLEDで光りながら、仮面ライダー1号の変身音やショッカー戦闘員の叫び声(イーッ!!)、劇中のキック・パンチ音声など全36種類がランダムで鳴り響くのです。

もちろん周囲の状況に応じて音声はオフにすることもできます。また、気に入ったサウンドが鳴った場合は、リプレイボタンで前回鳴ったサウンドをくり返し聞くこともできます。

仮面ライダー1号といえば1971年放送開始で、今年40周年を迎えた番組ですからR45世代にとっては激ヤバアイテムかと思いきや、バンダイいわく「発売後3週間では、家電量販店での動きが良く、特にR25世代の購入者が多かったですね」とのこと。今後は仮面ライダー1号だけではなく他の仮面ライダーや、他作品へも展開されそうなEjacket。程よい価格ですから、1号世代の上司へのプレゼントとしても良いかもしれませんね。
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト