単なる都市伝説?それとも…

カルシウム&ビタミンC不足はイライラするってホント?

2011.10.06 THU


イライラしている上司にカルシウム摂取をすすめても、火に油を注ぐだけ。責任転嫁せず、仕事のミスそのものの解決に務めよう
イラスト/マツモトカズトク
何かとストレスの多い現代。ちょっとイライラしていると、「カルシウム不足なんじゃない?」とか「ビタミンC摂りなよ!」と突っ込みを受けるのでは?

だが、ここで疑問が。カルシウムやビタミンCが不足すると本当にイライラするの?

巷でよくいわれるものの、いまひとつ理由がよくわからない。そこで真相を確かめるべく、人体とミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムなど)の関係を毛髪から検査している、ら・べるびぃの福地かつ美さんを訪ねました。

「結論から申し上げますと、カルシウムもビタミンCも、直接そのような作用はもたらしません」

では、やっぱり都市伝説?

「…とも言い切れません。間接的には作用します。イライラを直接抑えるのは、脳から分泌される神経伝達物質のセロトニンですが、ミネラルやビタミン群はその分泌を促します。逆にいえば、ミネラルやビタミン群が不足するとセロトニンが分泌されにくくなり、結果的にイライラしやすくなる、とはいえるかもしれません」

つまり、カルシウムやビタミンCを含む、ミネラルとビタミンが不足すると、イライラの原因に?

「そうともいえますね。特にミネラルとビタミンは体内で作れないので、食べ物から摂取しない限り、慢性的に不足します。カルシウムは牛乳やヨーグルトから、ビタミンCは緑黄色野菜や果物、ビタミンB6は鮭、鶏ささみ、バナナなどから摂取できるので、これらの食べ物を意識的に摂るようにしましょう」

ほかに気を付けることは?

「生活リズムです。たとえば夜型生活を続けると、免疫機能が低下し、神経伝達物質の分泌が妨げられるので、結果的にイライラしやすくなるでしょうね」

イライラを予防するには、バランスが取れた食事と健康的な生活リズム。すごく当たり前だけど、やはり健康に王道なしってことですかね。
(藤原央登/清談社)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト