NHKに新たなドラマ枠も誕生

個性的な作品がズラリ! 10月からは深夜ドラマに要注目!?

2011.10.06 THU


そろそろ新ドラマがスタートする時期。今期は、NHKが深夜ドラマ枠を新設したり、『俺の空 刑事編』(テレビ朝日系・日曜23時)では一般男性を主役に抜擢したりと“深夜ドラマ”が話題を呼びそう。

でも…そもそも深夜ドラマの魅力って?『TVガイド』編集部の荻井翔さんに聞きました。

「新しいことに敏感で、なおかつ分別のある20〜30代がメイン視聴者なので、刺激の強い作品を実験的に放送できるんですよね。最近は、個性的な内容に魅せられた役者側が自らドラマ出演を希望するなど、深夜ドラマは一種のブランドとなっています」

また、放送時間が短めで観やすいのも魅力だとか。では、女子におすすめの深夜ドラマって?

「やはり、NHKの新設枠『ビターシュガー』(火曜22時55分〜)ですね。りょうさん、和久井映見さん、鈴木砂羽さん演じるアラフォー女性のリアルな本音バトルに、同じ女性として共感しつつスッキリできそう。あと、栗山千明さん主演の『秘密諜報員エリカ』(日本テレビ系・木曜23時58分~)。主婦という身近な存在が、スパイとして悪を倒すスリルにハマる女性も多いのでは?」

そのほか、若手イケメンを発掘するなら、松坂桃李主演の『怪盗ロワイヤル』(TBS系・金曜深夜0時20分~)や、武田航平出演の『ここが噂のエル・パラシオ』(テレビ東京系・金曜深夜0時12分~)も要注目とか。
(取材+文・榛村季溶子/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト