目元のシワやたるみは、今からケアを!

新作エイジングケアの大本命!”お道具つき”アイケアがヒット中

2011.10.13 THU


「マッサージャーは硬めで弾力があり、アイホールの凹凸にフィット。目元の疲れやコリも和らぎます」(弓気田さん)。アンフィネス アイリフト マッサージャー 2100円(アルビオン)
肌が老化する原因って、加齢によるものだけではなく、乾燥も原因のひとつ。

なかでも、皮膚の薄い目元は、水分が蒸散しやすくいつも砂漠状態。気温・湿度ともに低下する秋冬はますます乾燥がすすんで、シワやたるみといったエイジングのサインが深刻に!

そんなトラブル多発地帯の目元なだけに、新作エイジングケアは、アイケアが豊作です。

注目すべきは、マッサージャーでお手入れするものや、先端にローラーがついているものなど、”お道具つき”のケアが増加していること。その理由について美容トレンドに詳しい、美容コーディネーターの弓気田みずほさんに伺いました。

「目元は特別なケアが必要なパーツとはわかっていても、何か特別にアイケアを使う習慣がつきにくい方が多いように思います。
でも、マッサージで目元の循環を高めるなど、アイケアの効果をさらに実感できる”お道具”があることで、モチベーションがあがり、毎日のアイケアがより”続けられるもの”になってきているのでしょう」(弓気田さん)

お道具つきアイケアをより効果的に使う方法は、無理な力で絶対にこすらないこと。
「引っ張ったり、こすったりするのは厳禁、シワやたるみの原因になります。皮膚に摩擦を与えないよう、道具を使うときは美容液やクリームをたっぷりケチらずになじませることと、ごくやさしい力加減で動かすことが大切です」

エイジングケアは、先手必勝が肝心。シワやたるみが目立つ前の、今から初めましょう!
(取材・文/夏目 円)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト