自然のパワーで癒される~

一年中、緑に囲まれてお茶したい室内型ガーデンカフェが増加中

2011.11.10 THU


街の風景を彩る葉っぱの色も緑から赤に変わり、さみしい冬色に変わる季節ですが、最近、年中緑あふれるカフェが人気なのを知っていますか? それもお庭のテラスなどではなく、室内なのです。

この傾向について、カフェの専門雑誌『カフェ&レストラン』編集部の中村文絵さんに伺いました。

「都会に住む人は、心身ともに何かに癒やされたいという傾向にあって、それを花や緑が解消してくれると無意識に感じているのではないでしょうか。室内型が増えているのは、スペースの問題が大きいのですが、室内をひとつの箱ととらえ、花や緑でデコレーションすると、花や緑と利用客との一体感がより向上するのでは? わざわざ遠方に行かなくても、都会にいながら日常のひとコマに彩りを添えられますよ」

そんなカフェのひとつ、表参道に9月にオープンした「Aoyama Flower Market TEA HOUSE」は、もともと青山フラワーマーケットの店舗奥にあった作業場を改装した「温室」がテーマのお店。アイビーやポトスの葉に包まれたグリーンいっぱいの店内は、日中は明るい自然光が差し込んでいます。夜になるとキャンドルをともし、ムードのある空間になるそうです。

「テーブルには週替わりで季節の花を飾っていて、旬も感じられるようにしています。ドリンクは産地直送のこだわりハーブを使ったハーブティーなど、フレッシュさと香りを大切にしています。緑や花がある空間を体感していただくだけでも、癒やしになると思います」(店長の田内裕子さん)

実際に座ってみると、目に入ってくる緑とその気配だけで不思議と気分もスッキリ! 憂鬱な冬のおでかけの逃避オアシスとして使ってみては?
(取材+文・北本祐子)


<東京都内にある室内型ガーデンカフェ>
■Aoyama Flower Market TEA HOUSE(表参道)
■CAFE AND DINING and people (渋谷)
■花よろず(目白)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト