好きなキャラクターになりきる!

遊園地がコスプレイヤーの集まりに 変身して思いっきり“非日常”してみる?

2011.11.17 THU


イベント会場ではお互いを撮影。こちらの2人はファイナルファンタジーのジタンとスコール。自作のしっぽや、背を高く見せる15センチヒールなど、工夫がたくさん。
としまえんやサンリオピューロランドなどで開催されている「コスプレイヤーイベント」なるものをご存じ? 各自思い思いに好きなコスプレをして、建物や自然をバックに撮影を楽しんでいるとか。遊園地などのコスプレイベントを主催し、スタッフがほとんどコスプレイヤーというJCF実行委員会ディレクターの方に詳しく聞いてみました。

「少人数の友達と参加して、グループ単位で行動している方が多いです。好きなキャラクターになりきる楽しみはもちろん、他人のコスプレを見て、同じ趣味を持つ人と知り合えるのも大きな魅力です。参加するには、まずキャラクターやテーマを決めます。『とにかく好きだから!』というほかに、『背が高い』といった自分の特徴から選んでも。また、手持ちの服からキャラを考えるのは手軽なので初心者向きです」

会場のとしまえんへ取材に行ってみると、メイドのような格好をした人や、学生服など、それぞれグループでテーマを持ってコスプレしている様子。直撃取材して、醍醐味を教えてもらいました。

「たくさんの人と知り合えるのが楽しいかな。ときどき子どもが『わーすごい』と寄ってきてくれることもあって、ヒーロー気分になれます。初めての時は、雰囲気を楽しむくらいの気軽な感じでいいと思いますよ。イベントで人の良いところを盗んで次に生かしていくのがポイント」(コスプレ歴2年の佐久間しきさんと柳那也さん)

イベントを重ねるごとに完成度を上げていくのも楽しそう! 「コス名刺」を作って友達を増やすのも楽しめる秘訣だとか。たまにはがらりと変身して、日頃のストレスを発散してみる?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト