身体にまつわる都市伝説 第72回

歯磨きは「食後すぐに」が正解なの?

2011.11.07 MON

身体にまつわる都市伝説


毎食後すぐに歯磨きを…という教えも今は昔。分泌される唾液を活用することが、虫歯予防の最善策なのだ。また、「歯の隙間の汚れをブラッシングでしっかり落としてやらなければ、虫歯を予防することはできませんのでご注意を」と遠山先生 写真提供/PIXTA
昼休みの終わりに、歯ブラシ片手にトイレの洗面台へ向かう人が増えている。午後からの仕事に向けた口臭対策として、これはデキるビジネスマンにとって当然のたしなみといえるだろう。

何より、誰しも子どもの頃から、「食べたらすぐ歯を磨きなさい」と教えられてきたはず。エチケット面もさることながら、虫歯を予防するためにも毎食後の歯磨きは徹底したいところだ。

「いえ、食後しばらくは唾液が出やすい状態にありますから、これを洗い流してしまうのは、むしろ歯の健康上、マイナスであることが最近の研究から判明しているんです。唾液には虫歯を防ぐ成分が含まれていますから」

そう語るのは、ワールドシティデンタルクリニックの遠山和規院長だ。これは新説! さらに詳しく聞いてみた。

「糖分や炭酸を摂取したあとはとくに、口の中が酸性に傾きます。一般的にペーハー値5.5で、歯の石灰質が溶け始めるとされていますが(平常時は6.7前後)、唾液にはこれを中和する作用があります。また、唾液には石灰質を修復するミネラルが含まれているため、唾液の量が多い人は虫歯になりにくい傾向があるほど。ですから、食後30分以内はむしろ歯磨きを控えた方がいいんです」

食事によってせっかく大量に分泌された唾液を洗い流してしまうのは、歯の健康を損なう行為に等しいという。では、虫歯を食い止めるためには、どのような習慣を心がければいいのだろう?

「やり方によっては、歯磨きは1日1回でもいいと思いますよ。理想的には就寝前、歯科医師の指導に基づいた正しいやり方で10分以上かけて磨くことを徹底すれば、それで十分でしょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなども駆使して行えばより効果的です」

とはいえ、汚れを100%落としきることは難しいので、「3カ月に1度、歯科検診を受ければ万全」と遠山先生。歯磨きのあとに洗口剤で口内をゆすぐのも、非常に効果的だという。

食後すぐに歯を磨くことは長年の習慣だが、唾液の効能からみると一概に正しいとはかぎらない。医学の進歩によってセオリーは変化するのだ。
(友清 哲)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト