楽しく飲むために!

忘年会で隣に座りたくないタイプは?

2011.12.08 THU

忘年会や駆け込み合コンなど、12月は飲み会シーズン。とっても楽しい時間だけど、お酒が入ると不愉快な思いをすることも…。特に、近くに座る人は重要ですよね。今まで隣の席になって嫌だった人をL25世代に聞いてみたところ、こんな結果に! 

■1位「食べ方が汚い」
■2位「自分の自慢話ばかりする」
■3位「ボディタッチが多い」
■4位「ムスッとして、ぶっきらぼう」
■5位「お酒を無理に勧めてくる」

確かに、食べながら話してつばが飛ぶなど、だらしない様子は見ていて気持ち悪くなってしまいますよね。飲めないお酒や嫌いな食べ物を強引に勧めてこられるのも、上司だとなかなか断れません。「バブル時代の武勇伝を延々と話してくる」「プライベートを根掘り葉掘り聞かれ、後日、社内に広まった…」など、話しすぎや聞きすぎの困ったエピソードもたくさんあるよう。横柄な職場の人や初対面でなれなれしい男性の被害に遭ったという意見が多数です。

できればあまり近づきたくないけれど、場の雰囲気が悪くなるのも考えもの。うまくやり過ごす方法はない?

「トイレに行ったり仕事の電話をかける振りでその場を離れ、違う席に戻るのが一番スムーズ。その際、笑顔で『○○さんのお話、楽しかったです!』などと挨拶して移動すれば、印象はまったく悪くなりません。途中で席替えタイムを設けるなど、事前に根回しをしておくのもいいですね」(心理カウンセリング「心のストレッチルーム」代表・前田泰章さん)

なるほど。これで面倒な酔っ払いを上手にかわせるはず! 安心して飲み会を楽しめますね♪
(取材+文・菅原 さくら/アバンギャルド)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト