オトコを深める“旬ワード”辞典

女ゴコロをつかむ年末年始プラン/第1回 Xmasデート 男女のギャップを予習

2011.12.19 MON

オトコを深める“旬ワード”辞典

相手の本当のニーズって? Xmasのおさえドコロをチェック



「大事なのは気持ち」とはいうものの、気持ちを表すためにも「どれくらいお金をかけるか」はやっぱり気になるところ。そこでまずは、クリスマスデートの予算にまつわるアレコレを調査しました。

全国の25~35歳の会社員の男女・各100人にアンケートを実施(インターネット調査・2011年12月実施)。まずは「相手へのプレゼント、いくらまで出せますか?」を聞いてみたところ、男性34%、女性27%と、ともに一番多かった金額ゾーンは「1万~2万円未満」でした。また「3万~4万円未満」と回答した男性は25%と多めだったのに対して、女性は15%という結果に。やはり男性のほうがフンパツする傾向にあるようです。

さらに「いくらまでのプレゼントなら相手にねだれる?」と聞いてみたところ、男性は「2万円未満」が68%を占め、やや謙虚な姿勢が見られました。一方、女性の回答は「2万円未満」が52%とやはり多かったものの、次いで多かったのが「3万~4万円未満」(20%)、「5万円以上」(14%)という順に。やはり「プレゼントの金額」は、女性の期待に応えて男らしさをアピールできる絶好のポイント、といえるのかも。

続いては、クリスマスデートのメインともいえるディナー。みんながどのくらいお金をかけているのかは気になるところ…。エスコートする側である男性に「クリスマスのディナーにいくらまで出せる?」を聞き、その平均を算出してみました。すると平均予算は2万4620円(2人分)と、みんなの気合が読み取れる結果に。対して女性はどれくらいのディナーを望んでいるのでしょうか? 女性たちの「クリスマスのディナーに、いくらくらい出してほしい?」の平均金額は、1万2880円という結果に。なんと意外にも約2倍の金額差が! ん~、女子の期待に応えるなら、ディナーよりもプレゼントに金額をかけたほうがよい…ということなのでしょうか。
クリスマスには欠かせない夜景やイルミネーションですが、女性のガッカリ談で最も多かったのは「寒かった」の声。寒がっている女性に気づかない男性が多いようです。絶景ポイントにこだわるのも大切ですが、防寒対策も忘れずに! イラスト/今井ヨージ
プレゼント、ディナー、お散歩など、クリスマスデートには様々なイベントが盛りだくさんなわけですが、結局のところ大事なことって何なのでしょう? ズバリ「クリスマスデートで最も大事なことは?」を聞いてみると、男女の一致点と不一致点が浮き彫りになる興味深い結果が。 まず「夜景・ムード」と答えた人は、男女ともに多い(男性29%・女性25%)という点は一致。ベタですが「夜景」って、やっぱり大事なんですね。そして「気軽さ・リラックス感」と答えた人も男性23%、女性29%と高く、こちらも男女の価値観がほぼ一致しました。

一方で「2人きりになれること」という回答は、男性の28%に対して女性は18%。そして「サプライズ感」という回答では、男性が12%、女性は25%いう結果に。男性のみなさん「2人きりになる」ことにこだわりすぎると、下心が見透かされるかもしれないのでご注意を! それよりもまずは「サプライズ感」が大事のようです。

と、最後にオトコゴコロがチラリとのぞいた調査結果になりましたが、お相手が決まっている人もまだの人も、今回の結果を参考にして、クリスマスや大事なデートを大成功させてください! 投稿募集はこちら プレゼントやディナーでは、男女の金額感にちょっとした差はあったものの、クリスマスで最も大切なことは男女ともに「景色・ムード」「気軽さ・リラックス感」でした。
金額にこだわるのもいいけれど、やっぱり相手を楽しませるための「心遣い」は忘れずに!



皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト