オトコを深める“旬ワード”辞典

女ゴコロをつかむ年末年始プラン/第2回 女子ウケも味も◎!最旬ナベレシピ

2011.12.26 MON

オトコを深める“旬ワード”辞典

変わり種からトレンドまで! 旬のお鍋を伝授!



寒い時期こそおいしくなるお鍋。でもレシピのレパートリーが少ないと、あっという間にマンネリに…。そんな不満を解消すべく、お鍋をもっと楽しむための簡単レシピを料理研究家の五十嵐豪さんに聞きました。いきなりですが、オススメのお鍋を教えてください!

「宴会が続く時期には“飲もう!鍋”がオススメです。シジミでとった胃腸に優しいだしに、ビタミンとタンパク質がたっぷりとれる豚肉と野菜を入れ、味付けは胃腸にいいターメリック(うこん)が入ったカレーで。これを炭水化物の消化を助けてくれる大根おろしでいただきます。お酒続きのカラダを癒してくれる上、どんなお酒にも合うのがポイントです」

体調をフォローしつつ、お酒も進むとあって、パーティでも盛り上がりそうですね!

「料理に自信がないという人は、シジミでだしをとらなくても、単純にお鍋にシジミを入れるだけでOKですよ。そのほか、手軽さを求める人にオススメなのは“焼き鳥鍋”。こちらは具材として塩で味付けした焼き鳥を入れるだけで完成! だしをとらなくても、香ばしくジューシーな焼き鳥の風味がそのままお鍋のベースになってくれます。塩の焼き鳥と野菜だけですぐ作れるので、ひとり鍋にもオススメですよ」

これなら、料理が苦手な人でもおいしく作れそうですね。では、鍋パーティでの女子ウケを狙うなら、どんなお鍋がいいでしょうか?
お鍋をふたパカッと開けた瞬間にサプライズを狙うなら「香り」にこだわりを。イタリアンテイストにするならバジル、タイム、ディルなどのハーブを直前に投入。和風なら、日本酒、しそ、ニンニクなどを効かせればOK。お鍋の始まりにみんなのココロをがっちりつかめちゃいますよ! イラスト/今井ヨージ
「トマトベースのイタリアン鍋などは女性にも人気ですが、さらに女性を喜ばせたいなら、つけダレに工夫を! シンプルな水炊きでも、薬味やタレを豊富に用意するだけで、楽しみがグッと広がります。例えば、しょうゆにゆず、かぼす、レモンなどの柑橘系を絞り、お手製のポン酢を作るだけでもちょっと豪華になります。梅を入れるのもオススメですよ。また、薬味としてはコチュジャン、ゆずコショウ、ラー油、シソ、アンチョビなどを小皿にそろえると、テーブルの彩りも豊かになり視覚効果もプラスできます」

確かに、薬味が多いと様々な味が楽しめるから、お鍋を最後まで飽きずに楽しめそうですね。ほかにもオススメのタレはありますか?

「食感も楽しめる“食べダレ”ですね。しょうゆに細かく刻んだトマトやバジルを合わせたものなど、具材たっぷりのタレがあれば、お鍋の味がより広がります。大根おろしや水菜など、歯ごたえのある食材をセレクトするのがポイントです」

なるほど! 同じ味が続いてしまうお鍋の弱点をフォローできるのはうれしいですね。最後にオススメの「シメ」も教えてください。

「シメといえば、ごはんやうどんがメジャーですが、変化をつけるなら“あんかけ”にしてみるのはいかがでしょう。作り方は簡単で、お鍋の残りにとろみと味をつけるために、市販のカラアゲ粉を入れ、味を調えます。意外に思えるかもしれませんが、から揚げ粉は味のついた片栗粉なので、これだけでOK。さらに溶き卵やチーズを加えてもいいですよ。ひと煮立ちしたら、揚げ焼きそばやうどんなどにかけて、いただきましょう」

これなら、いつもとひと味違うシメが楽しめそうですね! みんが集まったときにも盛り上がりそう。ぜひ、お試しください! 投稿募集はこちら 具材やスープだけでなく、タレ、薬味、シメなどお楽しみがいっぱいのお鍋。たくさんの味を楽しみたい女性には、バリエーション豊富な薬味やつけダレを用意するのがポイント! 料理が苦手という人でも簡単においしくアレンジできるお鍋で、寒い冬のおうちパーティを盛り上げましょう!



皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト