鼻水がじゅるじゅる、目がしょぼしょぼ…

花粉症シーズン必須のメイク法

2012.02.16 THU

今年もツラーイ季節がやってきてしまいました。それは「花粉症」。止まらない鼻水、目のかゆみ、さらには、肌荒れなど、メイクをする気にもなれない悩みがいっぱい。とはいえ、ノーメイクで出かけるのはもっと怖い! そこで、花粉症ならではのメイクテクをヘアメイクアップアーティストの新見千晶さんに伺いました。

「涙目になりやすいので、アイラインをひくのは難しいですよね。でも、目をぱっちり見せたい時は、クリームアイシャドウ。目に粒子が入らないのでゴロゴロしませんし、多少こすったとしてもムラになりません。でもアイシャドウだけだと目が小さく見えるので、ビューラーでまつげをあげて、繊維が入ってないウォータープルーフのマスカラを塗って目を大きく見せます」

やりすぎはよくないとわかってはいるけれど、肌荒れを少しでもカバーするメイク法を教えてください!

「赤みを抑えるグリーンのコントロールカラーを塗り、その上にリキッドファンデを塗るとキレイにカバーできますよ。パウダリーファンデだと粒子が鼻に入りやすく、むずむずの原因になります」

花粉症の時って、肌がかゆくなったり、赤くなったり…、敏感になりやすいですよね。
「敏感な時は、朝、洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗うなど、なるべく負担をかけないように。しっかり保湿をしてからベースメイクをしましょう。日中、乾燥して肌がかゆい時は、乳液を指にとり、かゆい部分に塗ってみてください。保湿することでかゆみが和らぎます」。
あと1、2ヵ月は続く花粉症シーズン。メイクもあきらめずに乗り越えましょう!
(取材・文/夏目 円)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト