わずか数日間でウン十万なんてことも

高額請求にご注意!スマホ海外利用

2012.03.15 THU


スマホはガラケーに比べて通信量が膨大。何もしていないと思っても、メールチェックなどで自動的に通信していることがあるそう
画像提供/GettyImages
外国では言語や店の情報など、わからないことが多い。そんなときのため、海外旅行時にスマートフォンを利用する人が増えている。アプリやネットを使えば様々な情報を瞬時に調べられるし、SNSを通じて旅の報告もできて便利だ。しかし、国内と同じ感覚で使い、料金が高額になってしまうケースがあるという。その原因は「パケット通信料」だというが、どういうことだろうか? まずは、海外でのパケット通信の仕組みについて、ケータイジャーナリストの石川 温さんに聞いた。

「海外では国内のパケット定額制ではなく、各キャリアが定める海外版のパケット定額制が適用されます。国内の主要3社では1日の上限額を2980円としており、通常の定額プランに加入していれば、海外でもそのまま利用できます」

1日2980円なら、そこまで高額にはならなそう。「3日で何十万にもなった…」なんて話も聞くけど、それはどういうこと?

「海外でスマホを使う場合、各キャリアと接続契約がある海外の事業者につないで通信する『国際ローミング』を行います。しかし、現地に到着後、飛行機を降りてスマホの電源を入れると、自動で提携先ではない事業者に接続してしまうケースがあります。その場合、定額プランが適用されず高額請求になってしまうんです」

それは怖い…。では、海外でのスマホ利用で注意すべき点は?

「外国に着いたら、キャリア選択を手動で行い、定額対象の事業者につなぐことが大切です。海外パケット定額は、日本時間の0時から23時59分までを1日とカウントするので、到着日は日本時間の0時以降から使い始めると、余計な課金を防ぐことができます」

最近では、定額制の対象外の事業者につながっているときにSMSで知らせてくれるサービスもあるそう。スマホをうまく活用できれば、より一層楽しい旅になりそうだ。
(村岡卓也/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト