クリーム+パウダーのダブル使い!

好印象メイクの秘訣「幸せチーク」

2012.04.05 THU

新生活が始まる4月は、人間関係も新しくなり初対面の人と接する機会が増えますね。そこで、メイクで好印象を与えるポイントについて、メイクアップアーティストのYuryさんに伺ってみました。

「初対面の人に好印象を与えるには、健康的に見えること、清潔感があることが大切です。そこで、メイクのポイントはチーク。ほんのり赤みを帯びた血色感のある頬は、生命力を感じ、健康的でいきいきとした表情を与えます」

確かに! チークがキレイだと笑顔もかわいくて、幸せそうに見えますね。どんなチークがオススメですか?

「クリームタイプとパウダーチークを重ね塗りして、リアルな血色を作ります。色は、フレッシュなピンクがオススメ。色を重ねるのでクリームもパウダーも同系色のほうが肌になじみます。塗り方は、リキッドファンデーションを塗った後、頬の高い部分から楕円形に指の腹で軽く叩きこむようにクリームチークを塗ります。フェイスパウダーをつけた後、クリームチークをつけた場所の上に、パウダーチークをブラシでふんわりなじませます。ブラシに残ったチークをあごにひとはけすると、顔全体の血色も良く見えます」

チークのダブル使いすることで、発色も良くなるし、時間が経っても色落ちしませんよね! では、あわせてリップとアイメイクはどうすればいいでしょう

「アイメイクはあまり色を使わず、アイラインやマスカラを丁寧に塗ってナチュラルに仕上げます。リップメイクは血行が良く見える明るい色を。ベージュなどのヌーディなカラーは、フレッシュさが消えてしまいますから」

コレでメイクもばっちり! あとは、最高の笑顔で会話を楽しみましょう。
(取材・文/夏目 円)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト