宮崎県のご当地グルメが人気急上昇

「チキン南蛮」ブーム到来の兆し

2012.04.19 THU


宮崎出身者いわく「チキン南蛮は各家庭によって味が違う!」とのこと。宮崎では、南蛮酢やタルタルソースを家庭で作るそう
写真提供/延岡観光協会
全国のご当地料理が盛り上がりを見せるなか、ネクストブレイクの兆しを見せているのが宮崎のご当地グルメ「チキン南蛮」。甘酸っぱい南蛮ダレとタルタルソースが味の決め手で、ご飯にもお酒の肴にも持ってこいの一品だ。今年に入り、多くのコンビニが新商品としてチキン南蛮を発売しているのだが、なぜ今注目を集めているのか? すでに複数のチキン南蛮商品を発売しているサークルKサンクスの広報・田中陽子さんに聞いた。

「チキン南蛮は、おかずの定番として定着してきています。また、弁当だけでなく様々なカテゴリーにも応用できるので、商品開発の面で重宝するメニューなんです。ボリュームのあるメニューなので、コンビニ主要客層の男性からの人気が高く、反響も大きいですね」

食べ応えがあるから、男性に支持されるのもうなずける。同じくチキン南蛮メニューを展開しているファミリーマート広報グループの伊藤史織さんにも聞いてみた。

「チキン南蛮の“甘酸っぱい”味付けは女性からも好評なので、定期的に商品化しています」

男女問わず愛されるメニューだから、引き合いが多いわけだ。

外食業界でもその注目度は高い。飲食店のトレンドを配信するフードスタジアム編集長の佐藤こうぞうさんに、現状を伺った。

「チキン南蛮に注目が集まったのは、宮崎郷土料理店の増加がきっかけです。現在、外食業界で急成長しているAPカンパニーの宮崎料理居酒屋『塚田農場』や『じとっこ』でも、チキン南蛮が大人気メニューになっています。定番メニューのからあげに似た商品なので、味になじみがあり受け入れやすいのが人気の理由ですね。これから“新定番メニュー”としてますます広がっていくでしょう」

コンビニや居酒屋だけでなく、ファストフード店で商品化されるケースも多いそう。ご当地グルメの新たなスターが誕生する日も近そうだ。
(船山壮太/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト