“女子ならでは”の都市伝説

「女も“のど仏”が出る」は本当?

2012.04.19 THU

新ドラマ『都市伝説の女』を観ていてふと思った。都市伝説っておもしろいけど、根拠がよくわからないものも多いんですよね。L25世代の女性たちにアンケートを実施したところ、“女も年を取るとのど仏が出てくるらしい”“若い頃に男遊びが激しいと閉経が早まるらしい”…なんて女子ならではの噂が…!

そこで、All About『女性の健康』ガイドである医師の山田恵子先生の解説をもとに、ふたつの噂がホントかウソか考えてみることに。

まずはのど仏にまつわる噂から。山田先生、そもそものど仏って何ですか?

「のど仏とは、のどの中間にある甲状軟骨が突き出て高くなっている喉頭隆起を指し、男性だけではなく女性にもあるものです。甲状軟骨の中に声帯があり、声帯が長いと声が低くなります。そのため一般的にはのど仏が出ている分、男性の方が声は低くなります」

へぇ、女性にもあるにはあるんだ! それが出てくることはあるの?

「それはないです。ただし、年齢を重ねて自然と首回りの皮下脂肪の量が少なくなり、のど仏が目立つようになる可能性はありますね。また甲状軟骨は年を取ると骨化して硬くなる場合もあり、それにより目立つようになる場合も。年を重ねると声が低くなる女性もいるけれど、それは声帯の衰えからくるもので、決して男性のように声帯が長くなるワケではありません」

つまり、“目立つようになる要素はあるけれど、出てはこない”ということで、この噂はウソと判定!
続いて閉経にまつわる噂を。セックスの回数と閉経の時期って関係あるんですか?

「関連性は認められていません。閉経を早める可能性がある要因として考えられているのは、タバコの煙や激し過ぎる運動。妊娠&分娩回数が多いほど閉経が遅くなるという話もありますが、諸説あるうちのひとつであり、気にし過ぎない方がいいです」

ということは、この噂ははっきりウソと判定。…でも、それがどうしてここまで広まったの?

「日本人女性に子宮頸がんが多かったということと何らかの関係があるのでは? 子宮頸がんのリスクファクターには“性交開始年齢が低い”“性交相手が多い”“妊娠・出産の回数が多い”“喫煙”が挙げられます。なんとなく若い女性の男遊びを連想させますよね。戒めの意味合いも込めてこういった噂に発展したのではないでしょうか」

戒めの意味も込められているかと思うと…意外と深い噂かも。人に話すときは、噂の背景まで伝えるようにします!
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

取材協力/山田恵子先生
医師。東京大学医学部医療情報経済学客員研究員。All Aboutでは『女性の健康』ガイドを務める。近著『「立つだけ」ビューティ』が講談社より好評発売中!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト