汗を抑えてDRYな男になろう!

第4回 オトコの本音! 夏場の汗の悩みとは?

2012.05.07 MON

汗を抑えてDRYな男になろう!


約8割が、夏場は「自分の汗や汗のニオイが気になる」と回答。相当無頓着な人は別として、やっぱりみんなそれなりに、自分の汗臭さは気にしているのだ。

夏最大の悩みは、「汗臭さ」と「ワキの汗じみ」



女子って職場でも服装が比較的自由で、羨ましいと思ったことはありません? だって、オトコの場合、なかなかそうはいかないわけで…。特に夏場は切実なんです。節電に伴うスーパークールビズに期待している人もいるだろうが、現実はそう甘くないのだ。

今回、首都圏在住の25~39歳男性のうち、普段からスーツを着用している人100人に、夏場の悩みについてアンケート調査を実施。今の職場で現実的に許されると思われるスーパークールビズ対策ファッションを聞いてみると、「ノーネクタイ」88%、「ノージャケット」「半袖ワイシャツ」70%で、カジュアルかつ楽な「ポロシャツ」は31%、「チノパン」もわずか20%。

職種によって許容範囲が異なるとはいえ、やはり男性はきちんとした印象の、スーツに準ずる服装でなければ厳しいのが現実だ。分かってはいるけど、炎天下に外回りなんてしようもんなら汗だくになるし、蒸れるわけで、そりゃ多少は臭くもなるってもんですよ。
想像通り「ワキ」が過半数。汗じみが出来やすく、人目が気になる上、汗のニオイのもととなりやすいため、気になるのは当然か。とはいえ、もともと汗をかきやすい部位だけに、対策は難しい。汗自体を止める制汗剤を利用するのが一番だ。
実際、「夏の勤務中、自分の汗や汗のニオイが気になりますか」という質問の回答は、「はい」が約8割。夏に気になる汗トラブルも、「体臭(汗臭さ)」が81%(複数回答)とダントツ。次いで「汗じみ」57%、「汗による衣類の汚れ」55%という結果に。特に汗が気になる部位は、想像通りながら「ワキ」が56%で1位。「ワキが一番臭うし、我ながらクサイと思うことが多々ある」「汗じみができると見た目にもカッコ悪い」などの意見通り、人目につきやすい上にニオイのもととなるワキ汗は、オトコにとって夏最大の悩みのタネなのだ。
ちなみに、20代の首都圏で働く女子100人に「夏にありがちな、残念な男性の身だしなみや行動」を聞いたところ、もっとも「残念」とされたのは、「汗臭いニオイ」が91%(複数回答)と、ぶっちぎりの1位。次いで「ワキの汗じみ」69%で、2トップが汗絡みという結果だった。

これを見る限りでは、女子がイヤがることと、男子が気にしていることは、割とリンクしていると思ってよさそう。つまり、問題意識そのものは間違ってない。肝心な点は、それに対して適切な対策を取れているかどうか。では、みんなはどういう風に汗&ニオイ対策をしているのか?

1位は「制汗剤を使用する」67%(複数回答)。2位は「念入りに身体を洗う」54%。「夜/朝にシャワーを浴びる」「こまめに汗を拭う」がともに36%で3位だった。女子のオススメでも「制汗剤を使用する」が73%で1位だったので、これも対策としては間違っていない様子。

ただし、一口に制汗剤といっても、いくつか種類がある。ニオイの元となる雑菌の繁殖を防ぐ殺菌タイプ、ニオイそのものを軽減する消臭タイプの制汗剤には、もちろんそれぞれ効果はあるが、汗自体はかいているわけだから、「汗じみ」は解消できない。

ワキ汗のニオイと汗じみをともに解決したいなら、汗が出る前にブロックするプレケアタイプの制汗剤『アックスドライ デオドラントスプレー』がオススメ。汗が出なければワキの汗じみもないし、雑菌が繁殖しにくいためニオイも発生しない。一挙両得というわけだ。

ちなみに、汗対策として「香水をつける」との回答が17%あったが、汗のニオイを放置したまま香水だけを振りかけると、却ってとてつもない悪臭に変化する危険性が! まずは汗の処置をするよう心がけよう。 投稿募集はこちら スーパークールビズとはいえ、夏場の悩みは、やっぱり「汗臭さ」と「汗じみ」。
これは夏場に女子が嫌うものTOP2でもあるので、制汗剤を利用するなどして対策しよう。ただ、制汗剤にもいくつか種類があることを知っておくべし。
一番のオススメは、汗じみも汗臭さも一度に解決してくれる、「汗をかく前にブロックする」タイプの制汗剤だ。

皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト