次世代iOS 6発表!注目の新機能は何?

iPhone 3GSや4でもiOS 6は使えるの!?

2012.06.20 WED


WWDC 2012で発表されたiOS 6の紹介ページ。3D搭載の地図アプリや、使い勝手が良くなった通話アプリのほか、注目機能の先行告知が見られる。気になる日本への対応を含め、今秋リリースが待ち遠しい!
先日米国で行われた「Worldwide Developers Conference 2012」で、iPhoneなどに搭載されるアップルの新OS、iOS 6に関する発表が行われた。今秋にリリースが予定される同OSの注目ポイントをご紹介しよう。

まず地図アプリが刷新され、アップル独自の地図サービスになる。これまではGoogle Mapsを利用していたが、iOS6では独自の地図データを使用。主要な大都市部では、3Dマップが用意され、拡大や傾きに反応して空からの街歩きを楽しむことができる。さらに、音声ナビゲーション機能も搭載するなど、地図アプリの未来を感じさせる中身になりそうだ。

前回大きな話題を呼んだ、音声コントロール機能「Siri」の進化も見逃せない。前述の地図アプリとの連携のほか、「Siri」にお願いしてアプリを開くことができる。スポーツ情報や映画情報にも“精通”し、たとえば「○○対××の試合結果は?」といった質問にも答えてくれるとか。彼女の“能力”が日本でどこまで利用できるか、楽しみに待ちたいところだ。

さらに、これまではWi-Fi環境でしか使えなかった“テレビ電話”機能「FaceTime」が、3G回線上でも使えるようになった。「Facebook」もOSに統合され、各種アプリと連携してより使いやすくなるという。

目新しい内容もさることながら、通話着信時に留守電メッセージをテキストで返信することが選べるようになるなど、細かい改良を含め、実に200を超える新機能が追加される予定だ。

気になるのが、これらの新機能が、旧世代のiPhoneに対応しているかどうかだが、iPhone 4ではSiriや地図の3D表示や音声コントロール機能が使えず、iPhone 3GSではそれらに加え、Facetimeの3G回線利用も不可とのこと。残念ながら、iOS 6をフル活用するにはiPhone 4Sが必要といえる。

となると、今のうちにiPhone 4Sを手に入れておきたいところだが、そんなユーザー心理を見越して、SoftBankは早くもキャンペーンを実施。同社が7月31日まで展開する「iPhoneかえトクキャンペーン」を利用すれば、ホワイトプランの基本使用料(月額980円)が1年間無料(のりかえ割と併用で最大2年間基本料無料!)か、商品券1万円分のキャッシュバック(商品券)を受けられる。対象はiPhone新規契約のユーザーと、学生のiPhoneへの機種変更。さらに、このキャンペーンは、他社からの「のりかえ割」と併用が可能で、その場合は最大2年間の基本使用料(23,520円)が無料になる。最新の機能を満喫するためにも、今のうちに最新のiPhoneに乗り換えておきたいところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト