あれっ!体重変わってないのに・・・

梅雨に下着がきつくなる理由とは

2012.07.05 THU

ジメジメした梅雨が続きますね~。気温湿度ともに高く、とっても過ごしにくくなりますから、体調はよくないし、食欲もイマイチ・・・。って、あれ? 体重変わってないのに、お気に入りのジーンズがムチムチしてきつかったり、ブラの跡がくっきり・・・。その原因は、ずばり「むくみ」。梅雨になると、むくみやすくなるとか。産婦人科医のアヴェニューウィメンズクリニック福山千代子院長にお話を伺います。

「梅雨の時期には、湿度が高くなり気圧が下がるため、自律神経が乱れやすくなります。自律神経のひとつである交感神経が優位になると血管が収縮して血流が悪くなり、余分な水分を血管内にも戻すことができなくなってしまい、むくみが起きやすくなるのです。また私たちは汗をかくことで、汗を蒸散させるときに起こる気化熱を利用して体温調節を行っていますが、湿度が高いと汗が体の表面から蒸発しにくくなり、さらにむくみやすくなります」

確かに、梅雨の時期って、汗をかきにくくなりますよね。だからむくみやすくなるし、代謝も悪くなるんですね。では、むくみを防ぐために、普段心がけることは?

「デスクワーク中や通勤中でもかかとやつま先の上げ下げをして、こまめに体を動かしましょう。また、38~40度くらいのお風呂に20分程度つかり、体を温めることも効果的。カリウムを多く含んだスイカやメロンなどの果物やキュウリなどの野菜は、余分な水分を尿として排出するのでオススメです」

体を冷やすこともむくみにつながるので、冷たい飲み物がおいしい季節ですが、なるべく温かい飲み物をとって、ブラ跡でボンレス状態からオサラバしよう!
(取材・文/夏目 円)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト