思わず欲しくなるグッズ!

磁石がくっつく不思議なペンキ

2012.07.11 WED


大規模な採用例としては、幼稚園や病院など安全性を重視する施設で使われているとのこと。容量は0.5リットル缶のほか、1リットルと2.5リットル入りもある
予定表や郵便物、急いでやらないといけないメモなどを忘れないよう目につきやすいところへ貼っておくのは、誰でもよくやること。テープで貼り付けたり、画びょうで留めたり、磁石で押さえたりと、いろいろ方法はありますが、紙を傷つけないという点で良いのが磁石です。

ただし、自宅の中を探してみても、磁石をくっつけられるような金属面は、あまりありません。パッと思いつくのは冷蔵庫くらいのもの。もっといろんなところに磁石がくっつけばいいのに、なんてニーズにピッタリな製品が「マグネットペイント」です。塗料に細かい鉄粉が入っており、塗ったところに磁石がつくようになるというもの。

塗料なので木製の家具や壁に塗ることができ、乾けばそこに磁石がくっつきます。平面だけでなく曲面や複雑な形をしたところにも塗ることができるので、塗装可能な場所ならどこでもマグネットボード代わりにすることができます。

鉄板などに比べると磁石がつく力は弱いですが、重ね塗りすることで問題は解決されます。販売元によれば、3回重ね塗りすることでマグネットボードとして使用する分には問題ないレベルになるとのこと。

色は濃いグレーのみですが、マグネットペイントの上から別の塗料を重ね塗りしても、磁石がつく力は失われないので、好きな色で上塗りしてしまえば問題なし。水性塗料だから取り扱いが簡単で、塗る際にニオイも気にならないのもうれしい所です。

メモやハガキをなくしがちな人は、これで手近な家具をマグネットボードにして、すべて磁石で貼り付けてみてはいかがでしょう。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト