今どきのランチタイム活用法

昼活で「チェアヨガ」やってみた

2012.07.12 THU


料金は1回1000円。完全予約制。 問スタジオ・ヨギー www.studio-yoggy.com/
※L25調べ (マクロミル・ネットネット調査/2012年5月実施)
最近、ソーシャルランチなど、ランチタイムを有意義に使う“昼活”をする人が増えているようですが、実際に、L25世代に調査してみても、75.5%がランチを有効活用しているという結果に。そこで、ライフスタイル研究家で『手帳美人の時間術』の著者・内海裕子さんに昼活の意義を聞いてみた。

「朝活は夜型の人には辛いものですし、就業後は残業や約束などがあり、自分で時間をコントロールできないものです。その点、昼はほとんどの会社員の方が1時間程度、時間を取ることができる。これを活用しない手はないと思います」

実際に何をしているのかL25世代の昼活をチェックしてみると、ヨガや資格取得のための勉強をするなどの回答が。内海さん、最近、人気の昼活を教えて!

「勉強派は、英語で講演会を見られる動画サイト『TED』などを見て、短時間で勉強しているようです。体を動かしたい方は、場所を取らず、着替えなくてもできるので、ヨガをやる人が多いようですよ」(同)

早速、昼活に挑戦。体を動かしたいのでヨガを体験することに。参加したのは、スタジオ・ヨギーTOKYOで開催している「チェアヨガ」。いすに座ったままやるヨガで、12時スタートの30分間でできるコース。服装は自由なので、普段着のままでOK。早速、チャレンジ。まずは、ヨガの呼吸法から。そして、呼吸法になれたところでポーズへ。肩や肩甲骨を動かすポーズ、体幹を意識しながらウエストをひねるポーズなど、普段動かさない部位を動かすものが中心。普段使っていないせいか辛い。でもイタ気持ちいい。最後に瞑想で終了。たった30分でも午前中に凝り固まった肩はほぐれたし、気分も晴れやか。これはクセになりそう。有意義な昼活のおかげで、心身ともに爽快な気分。これなら午後からの仕事もがんばれそう!
(取材+文・田中絵真/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト