思わず欲しくなるグッズ!

夏涼しく冬温かい寝床を作るには?

2012.07.17 TUE


サイズは約幅97×長さ195cm。パッド材質は表がポリエステル100%で裏がポリエステル80%、綿20%。8時間使用時の電気料金の目安は、夏は1日18円程度で冬は1日7円程度
梅雨も終盤、だんだんと蒸し暑い夜が増えてきています。ぐっすり眠れずに、朝、スッキリ目覚められなかったり、冷房の付けっぱなしで体がだるかったりする人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消してくれるのがこの「冷暖四季パッド」という商品。ベッドにも敷き布団にも使える薄型の敷きパッドなのですが、温度調整が可能で、夏は涼しく、冬は暖かく使うことができるのです。

最近は、特殊な繊維を使ったりジェルマットを使ったりしてひんやり感じる敷きパッドは増えてきていますが“冬は暖かく”とはどういった仕組みなのでしょう。その秘密は“水”にありました。

実は「冷暖四季パッド」の内部には、医療用カテーテルにも採用される高耐久性のシリコンチューブが全体に張り巡らされています。そのチューブ内を循環する約750ccの水がコントロールユニットで冷やされたり温められたりすることで、理想的な床内温度を実現しているのです。

水温は15~48℃まで設定が可能ですが、使用から約1時間後には、夏は31℃、冬は36℃と、冷やしすぎず、温かくなりすぎない、睡眠に適した温度に切り替わる自動設定タイマー機能を備えています。

加えて、表生地には吸湿速乾性に優れ、夏は爽やかで冬は保温性も抜群の立体メッシュを使用して、快適さに一役買っています。

パッド部分は水洗いが可能で、チューブ内の水は2カ月に一度の交換でOKと、メンテナンスも比較的簡単。エアコンの使用と比較して夏場で約1/4、冬場で約1/10の節電効果もあるといわれています。

一年中快適に使える敷きパッド。夏であればエアコンや扇風機の風、冬の暖房による空気の乾燥が苦手な人にオススメです。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト