“自分に厳しく他人に寛容”派多数!?

整形に関する女子のボーダーライン

2012.07.19 THU

映画『ヘルタースケルター』の主人公は全身整形して究極の美を手に入れた女子のようですが…整形ってみんなどう思っている? 今回は、L25世代に本音を聞いてみた。

まず“プチ整形を含む整形をしたことがある?”という問いには、61.2%が「これまでもこれからもする気はない」と否定派。「不満はあるが、完璧は求めていない」(32歳)、「両親からもらった体に手を加えるのは抵抗がある」(25歳)と、“今の自分を受け入れたい”という人が多いよう。

そして「したいが、できないでいる」人が25.2%。「年をとったらどうなるか…」(27歳)、「整形だと周囲にバレたときが怖い」(29歳)と、世間体や将来のことを考えると踏み出せないという女子多数。
さらに実際に「したことがある」人は13.6%。「脱毛」経験者が8割近くと圧倒的で、「顔の部位を整形」「シワやたるみなどなくす整形」「バストアップ」は少数派。つまり、メスを入れなきゃOKという人が多いよう。

最後に「整形」する人をどう思うか尋ねると、「整形でないと解決できない場合はいい」が32%、「何とも思わない」が18.4%、「どんな整形でもしていい」が17.5%、「誰にも気付かれない程度ならいい」が7.8%、それに対して「整形する人の考え方がわからない」「絶対反対」の反対派が合わせて8.7%。

「自分は興味ないが、それぞれの価値観で判断していいと思う」(28歳)という、“自分はしないが他人の整形は容認”派がL25世代の多数派のようです。
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト