「体操」と「背泳ぎ」はビジュアル系&王子系

ロンドン五輪の注目のイケメン!

2012.07.26 THU

7月27日にロンドン五輪が開幕! 思いっきり楽しみたいけれどスポーツはうとくて…なんて人も多いのでは? そんな人は見た目から入っちゃおう♪ イケメン評論家の内藤みかさんに女子必見の五輪イケメンアスリートを聞いてみました。

「まずは男子体操チームの最年少、18歳の加藤凌平選手。イケメンが宙を舞う姿は舞を鑑賞しているかのよう。ビジュアルバンドにいてもおかしくないほどのルックスの彼が淡々と難易度の高い技をこなしていく姿にシビれまくり! 競技に入る前にまっすぐ前を見て礼をする姿も凛々しく、日本男子っていいなと感じる一瞬です。そして前大会時は大学生だった“通称カエル王子”入江陵介選手。社会人となり、大人びた顔と体になって登場です。水をも弾く若々しく引き締まった肌、4年前よりさらに盛り上がった美しい胸筋に注目です」

体操界のニュースター・加藤選手と背泳ぎのメダル候補の入江選手。“宙を舞う姿”と“精神統一する姿”に注目です♪ そしてもうひとり、同じく背泳ぎ選手で見逃せないイケメンが!

「フランスに美しすぎる水泳選手がいるんです。金髪にブルーの瞳、2mの高身長に筋骨隆々の体と女子の夢がすべて詰まったようなカミーユ・ラクール選手。金髪を濡らした美貌の彼がカメラに白い歯を見せながら微笑みかけてくれたら、胸の鼓動がすごいことになってしまいそう!」

ほかにもトランポリンの伊藤正樹選手やボクシングの村田諒太選手など、メダルも期待できるイケメンがたくさん♪ 麗しき男たちの戦いは見逃せませんよ!
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト