OFFで役立つグッズ!

ゲーム感覚で節約!エコタイマー

2012.07.29 SUN


壁のコンセントに直接取り付けて使用するが、液晶表示が大きいので見やすい。タイマーの設定は、毎日同じ時刻や、曜日ごとに異なる時刻、日付をまたいだサイクルなど、柔軟なパターンが設定できる
皆さん、節電してますか?

節電がほとんど国民の義務となった今年の夏。それとは別に電気製品の多い筆者宅では、電気料金もうっかりすると高騰しがちで、財布のためにも節電せざるを得ない。

そこでエアコンを控えたり、照明をLEDに替えたりといったことのほか、TVの主電源を切ったり、電子レンジや電気ポットの電源ケーブルをコンセントから抜いたりと、小まめに取り組んでいる。

とはいうものの、電源ケーブルの抜き差しは、ハッキリ言って手間がかかるし、うっかり忘れることも多いのが正直なところ。それに、節電対策って、成果が目に見えるのは電気料金の請求書が来る時なので、それまではいまいちモチベーションが上がらない。

節電したいけど、もうちょっと簡単に、かつ取り組みがいがあるようにできないものか。そんなワガママなニーズに応える製品が「節電エコタイマー」だ。

商品名に“タイマー”とあるように、この製品は家電製品とコンセントの間につないで、設定した時間や曜日に合わせて、電気をオン・オフできるというもの。液晶パネルを搭載していて、1秒単位で時間を設定できたり、タイマーを20通りまで記憶させられたりと、生活スタイルに合わせた使い方ができるのだ。

もうひとつ大きな特徴が「エコ表示」。エコタイマーにつないだ家電製品の消費電力を自動的に計測して、家電を使ったことで実際にどのくらいの電力を消費したかを表示できるのだ。さらに消費電力だけでなく、電気料金や二酸化炭素の排出量、さらには節電によって節約できた電気料金の表示までできる。気分的には節電ゲームの得点表示版みたい感じだ。

節電しなきゃと思いつつも何となくモチベーション不足の人、節電エコタイマーを使えば、実感を得ながら末永く着実な節電ができるかも。
(青山祐輔)

※この記事は2011年7月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト