思わず欲しくなるグッズ!

醤油を霧にする減塩グッズ

2012.07.31 TUE


サイズは長さ75×幅75×高さ167mm。重さは287g。上部の黒い部分を外して醤油を注ぐ。適正容量は80ml以内
先日、とあるケガで病院に行ったところ、医者から「ケガ自体よりも高血圧が心配」と言われました…。

厚生労働省による塩分摂取基準では、成人男性は一日9g未満としていますが、日本高血圧学会やWHO(世界保健機関)では、1日6g未満とも言われています。もちろん私は、一日6g程度まで減塩をした方がいいとのアドバイス。

しかし問題がひとつ。私、なんにでも醤油をかけてしまうんです。とんかつだって、エビフライだって、イカフライだって、目玉焼きだって醤油派。しかも、けっこうたっぷりと…。

減塩醤油などがあるとはいえ、調味料の中では比較的塩分量が高い醤油。このままでは減塩なんてできません。

そんなときに見つけた製品がこのが「ソイミスター」。大きなカテゴリーでは醤油差しなのですが、これまでにはない特徴があるんです。

その特徴とは、醤油が霧状になる噴出方法。ワンプッシュで噴霧される量は約0.1mlと少ないので、減塩にピッタリ。量が少ないと味が薄くなって物足りなくなるという心配があるのですが、霧状の醤油は食べ物全体にまんべんなく広がり、味がしっかりと馴染むから問題ありません。

健康志向や高血圧なんてワードを見ると、ちょっとジジ臭い印象ですが、「ソイミスター」のステキなところは、見た目はスタイリッシュなオシャレ調理グッズだという点です。

実は「ソイミスター」の開発元は、うさぎをモチーフにしたペッパーミルで有名な「Chef’n(シエフン)」。便利でユニークな機能を持った、デザイン性の高いキッチン用品ブランドです。ダイニングテーブルの上に置いてあっても所帯臭さを感じさせません。

自分には高血圧なんて関係ないと思っている人も、若いうちの不摂生は将来の疾病要因になるので、できるだけの摂生は大事です。また、親にプレゼントしても喜ばれるでしょう。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト