見えすぎで目が疲れることも…

度数に注意?レーシック難民予防法

2012.08.02 THU


角膜を削ったところに、エキシマレーザーを照射。光の屈折率を変えることで、視力を上げるのが、レーシックの基本的な仕組み
図版製作/藤田としお
先日、サッカーの本田圭佑選手がレーシックを受けたというニュースが話題になった。本田選手が受けたのは「iDesign LASIK」という方法だそう。ひと口にレーシックといっても色々あるようだが、何が違うのだろう?

「料金や種類の違いは使用する器具やメーカーによるもので、原理はほとんど同じです。今、日本で主流になっているのはイントラレーシックといわれる手法。ポイントとなるのは角膜を切開する方法で、以前はマイクロケラトームという特殊な器具を使い手動で行っていましたが、イントラレーシックではコンピュータ制御によりレーザーで切開するようになりました」(SBC新宿近視クリニック総括院長・安田佳守臣さん)

以前は、切開面が均一にならない、などのリスクがあったが、今はコンピュータ制御によってリスクが激減したという。そんなイントラレーシックの中でも最新技術といわれているのが「iDesign LASIK」。その特徴とは…?

「眼球全体のゆがみや角膜の状態など、患者さん一人一人に合わせて治療を行う“オーダーメイド型”が特徴です。ゆがみを測定する精度が従来の5倍になったことで、より細かい治療が可能になりました」

これによって患者が求める見え方に、より近づけるそう。

でも、術後に目の具合が悪くなったまま、という「レーシック難民」の存在も耳にしますが…。

「過矯正やドライアイなどが起こった場合に、しっかりと対応してくれるクリニックで手術を受けることが重要です。また、デスクワークの人は見えすぎると目が疲れるので、視力の矯正はライフスタイルに合わせるのが基本。手術前に医師と相談して、自分に合った視力を明確にしましょう」

ほとんどの医院では、「近視を少し残す」などの指定もできるそう。やはりクリニック選びは慎重に、ということだろう。
(船山壮太/verb)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト