OFFで役立つ!

冷蔵庫が楽しくなる癒しガジェット

2012.09.19 WED


本体サイズはH70 x W40 x D40 (mm)。500mlの牛乳パックの半分程度で、冷蔵庫の邪魔にもならない
残業から帰ってきて、暗いキッチンの冷蔵庫を開けると、食べ物は何もなく発泡酒が数本…。むなしい…。そんなときに、あなたを明るい気持ちにさせてくれるのが「Fridgeezoo(フリッジィズー)」。世界初の冷蔵庫保管型のガジェットだとか。

動物のキャラクターを模した牛乳パック型のガジェットで、冷蔵庫を開けるたびにあなたに「こんにちは」「まいど」「なにを探しているの」など9種類のセリフで話しかけてくれます。このキャラクターの姿と声がとってもキュートで癒やされるんです。

キャラクターは4種類。ロマンチストで朝が弱い「シロクマ」。関西系でテンション高めの「ペンギン」。明るいあわてんぼうで滑舌の悪い「セイウチ」。最近しゃべれるようになった高音ボイスの「アザラシ」と、それぞれの特徴にあった話し方やセリフで声をかけてくれます。ちなみに、中の人には声優ではなく、別ジャンルでの声を操るプロ、HIP HOPアーティスト「Romancrew(ロマンクルー)」を採用。この点もこれまでにないアプローチでユニークです。

冷蔵庫を開けっ放しにすると「暑いよ~」なんてセリフで注意を促すことも。それもそのはず、彼らは、地球の温暖化や環境汚染のためにすみかをなくし、冷蔵庫にたどり着いたという設定。エコでない冷蔵庫の開けっ放しには厳しく、ちょっとしたエコ意識を植え付けてくれます。

細かい設定も楽しいこのガジェット。家に遊びに来た彼女や友人にもウケること間違いなし。ただし、かわいくてついつい何度も冷蔵庫を開けてしまう事態に注意してください。
(コージー林田)

※この記事は2010年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト