OFFで役立つ!

TVでニコニコ動画実況を閲覧!?

2012.09.21 FRI


画面上に表示されるコメントは、文字の大きさや流れる速度、表示位置などを好みに合わせて調節できる。デジタルテロッパを利用するためにはHDMI端子を備えたデジタルハイビジョンテレビと地上波デジタルチューナーが必要。映像へのコメントの重ね合わせはデジタルで行われるので、画質劣化などは起きない
家族や友人と一緒にテレビやDVDを観ていると、登場人物にツッコミを入れたり、ストーリーに文句を言ったり、ワイワイガヤガヤと賑やかで楽しいもの。一人暮らしだと、そういったことができなくて寂しいという人も多いはず。

そんなワイワイガヤガヤを「画面上に流れるコメント」という形で再現できるのが「デジタルテロッパ」だ。この製品は、デジタル放送のチューナーとハイビジョンテレビの間につなぐことで、放送中のテレビ番組に対して皆がネット上で書き込んだコメントをテロップのように表示するというもの。

表示するコメントは「ニコニコ実況」という放送中のテレビ番組についてのコメントをリアルタイムで書き込めるサービスから取得している。まるで「ニコニコ動画」のようだが、それもそのはず。ニコニコ実況はニコニコ動画と同じニワンゴによって運営されているサービスだ。

自分もコメントをしたいときは、パソコンからニコニコ実況のウェブサイトにログインして書き込むだけ。ニコニコ動画のアカウントを持っていれば、それでログインできる。

デジタルテロッパを開発したエンディスは、設立当初はニワンゴの親会社であるドワンゴの関連会社だったという縁があり、ニコニコ実況のサービス開始当初からニワンゴと連携して製品の開発を行っていたんだとか。

ちなみにデジタルテロッパの仕様は公開されているので、ニコニコ実況以外からもコメントを読み込むことができる。Web上ではさっそくツイッターのタイムラインや、2ちゃんねるの書き込みを表示するアプリケーションが公開されている。

この仕組み、テレビ放送以外にも応用できて、イベント会場でモニターに映像を流しつつみんなでツッコミを入れるなんて使い方もできる。映像を観ながらみんなでカキコミというスタイルは、もしかしたら21世紀の新しいお茶の間になるのかもしれない。
(青山祐輔)

※この記事は2010年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト