OFFで役立つ!

存在が隠れる擬態デザイン消臭器

2012.10.18 THU


サイズは直径11.5×高さ11.5cm。アミノ酸が主成分の消臭ゲルのカートリッジは1個400円。バッテリーは単3型乾電池を4本使用し、本体下部のランプで乾電池の交換時期をお知らせしてくれる
徹底的に家具や家電、ファブリック類を選びに選び抜いて作り上げた自分の部屋。なのにどうしても生活感が抜けきらないのは、家電の電源コードや漫画雑誌の存在もさることながら、コンビニやドラッグストアで買ってきた日用雑貨がそこかしこにあふれているからかもしれません。

もっともシャンプーやリンス、洗濯用洗剤などは、そもそも目に触れにくいものであるうえに、好みの容器に移し替えればさほど問題にはなりません。しかし部屋やトイレに置く芳香剤や消臭剤はどうでしょう? どうも巷にあふれるものは一番の購買層となる主婦向けに機能や効果を全面的に押し出したものや、派手すぎたりキュートすぎたりするデザインのものばかりです。

そんなところが気になる方に、無印良品から発売されたトイレ用消臭器はいかがでしょうか。

写真をご覧になっただけではわかりにくいかもしれませんが、まるで自然界に溶け込む魚や昆虫のごとく、その消臭器はトイレットペーパーに擬態しております。消臭器の目的は匂い消しですもの、それ自体の存在感を特に求めてなくてもよいのではないでしょうか。

駆動方法は、電池によりファンをまわし消臭ゲルを気化して消臭する仕組み。約30秒間ファンがまわると10分間停止する、という動作を繰り返す間欠運転なので、乾電池・消臭剤ともに約2カ月利用できるようです。

しかしあまりにトイレットペーパー然としたたたずまいなので、「まだ替えロールがあるから買い置きしなくていいか」と油断して、紙切れにならぬよう注意ですよ。
(熊山 准)

※この記事は2011年01月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト