OFFで役立つ!

ひのきの香りが漂う加湿器

2012.10.25 THU


大きさは横幅20cm、奥行き5cm、高さが16cmとコンパクト。マストに水を入れると、周囲にひのきの香りが漂うので、まるで天然のアロマ。枡屋では、マスト以外にも、ジョッキ型の枡や八角形の枡、枡型のワインクーラーなど、枡を現代の生活にフィットさせたアイデア商品を販売している
空気が乾燥するこの季節、インフルエンザ対策など健康のことを考えると、自宅やオフィスの湿度には気を配りたい。そこで出番となるのが加湿器だ。

加湿器というと家電製品を思い浮かべる人が多いだろう。確かに電気で動作する加湿器は強力だけれども、音が気になったり、手入れが面倒だったり、なにより電気代がかかる。それに、多くの加湿器は大きいので、正直なところ邪魔くさかったりもする。

そんな人にオススメなのが「マスト」。一見すると、正体不明のナゾのオブジェに見えるが、すべてがひのきでできたれっきとした加湿器だ。下部はボート型の枡(ます)になっており、上部にはひのきのかんなくずでできた帆がついている。鼻を近づけると、ほのかにひのきの香りが漂ってくる。

帆の部分は、職人がひのきの木材から削りだしたもので、とても薄く繊細な作り。枡に水を入れて蓋をし、帆の部分を立てるだけで、帆が自然に水を吸い上げて空気中に発散してくれる。単にコップに水を入れただけの状態よりも、およそ6倍の速さで水分が蒸発するそうだ。

このマスト、枡の生産量で日本一のシェアを誇る岐阜県大垣の「枡工房枡屋」と、プロダクトデザイナーの岡田心氏のコラボレーションによるもの。職人の手作りによる繊細な造形は、オブジェとしても眺めていて楽しい。

大きさはコンパクトで、机に置いても邪魔にならないサイズ。なかなか魅力的な加湿器が見つからないキミ、こんなのはいかが?
(青山祐輔)

※この記事は2011年02月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト