じめじめ天気も快適に変える!

軽い、丈夫…進化系“傘”いろいろ

2012.12.02 SUN


「超軽量24本骨傘」(左上)、「senz original umbrella」(右上)、「SUSU傘ケース」(左下)、「シュラグデザイン アンブレラグリッパー」(右下)
このところ雨が降るな~と思ったら、もう梅雨ですね。雨の日の通勤って、スーツがぬれて気持ち悪いし、電車のなかではぬれたカサの置き場所に困るしで、なんだかユウウツなこと、多くないですか? 近ごろは、女性だけでなく男性も使えるオシャレなレイングッズが多数発売されている模様。というワケで、気分を上げてくれるスグレモノを探してみました。

まずは、「超軽量24本骨傘」(発売元/マブワールド)。通常の洋傘の3倍の骨を使用しているので、強度は抜群。軽量なので、通勤時や荷物を持って打ち合わせに出る際にも負担が軽くてすみます。和傘を思わせるテイストは、オシャレ好きだけでなく歴史物好きの男心をくすぐってくれそう。和色を揃えた「江戸 edo」シリーズもオススメ。

senz umbrellasのoriginalとmini(発売元/マークスインターナショナル)は、デザインもの好きで、ほかよりも目立ちたい! という男性にぴったり。骨の長さがそれぞれ違うという大胆なデザインで、すれ違う人の目を引きます。実はこのデザインには、傘自体が風を受け流しやすい位置に動くという驚きの機能が。強風の中でも片手で持って歩けるスグレモノなんです。

折りたたみ傘の水滴とスーツがぬれるストレスを一気に解消してくれるのが、「SUSU傘ケース」(発売元/山崎産業)。折りたたみ傘をぬれたまま入れても、ケースの内側にある吸水性の高いモール状のマイクロファイバーが、水滴を瞬時に吸収してくれます。またケースを裏返せば、スーツやカバンの水滴を拭き取ることもできます。

最後は、ビニール傘を愛用することの多い男性にオススメ、「シュラグデザインアンブレラグリッパー」(発売元/ノルコーポレーション)。傘の手元につけるケースで、ビニール傘の盗難防止・傘忘れ防止を考えて開発されたのだとか。多くの種類やカラーがあるので、自分流にカスタマイズもできるのもうれしいところですね。
 昨今のレイングッズって、高い機能性とオシャレさを兼ね備えているのがポイントなのかも。雨の日が楽しくなっちゃいそうですね。
(溝口玲以子/アート・サプライ)

※この記事は2010年06月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト