結婚はしないけど同棲率は日本の20倍超!

ヨーロッパでも進む非婚化の実態

2012.09.06 THU


未婚率の上昇は離婚率の低下につながっており、世界的にも離婚率は減少傾向にあるそう。なお離婚率ランキング1位はロシアで4.5%(2010年)
画像提供/AFLO
若者の「晩婚化」「非婚化」傾向が指摘されて久しい。2010年の国勢調査によると、男性未婚率は25~29歳が71.8%、30~34歳は47.3%。1980年はそれぞれ55.2%と21.5%であり、上昇ぶりがうかがえる。

こうした変化の背景を『結婚の社会学─未婚化・晩婚化はつづくのか─』などの著書を持つ中央大学の山田昌弘教授はこう語る。

「ひとつは20~30代の恋愛活動が低調になったこと。もうひとつは結婚に踏み切るだけの経済力を持つ若者が減っていることが挙げられます。経済力がないと独立できず、一人暮らしをしたくても親元で暮らさざるをえない。そうなると同棲や結婚が遠のくんです」

冒頭の調査によると、50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合を示す生涯未婚率も、1980年は男性2.6%だったのに対し2010年は20.1%に。女性の未婚率も同じく高まっている。

しかし、非婚化が進むのは日本だけではない。特にヨーロッパでは結婚せずに家族の形をとる“事実婚”が増加。2005年の国民生活白書によると、スウェーデンやデンマーク、フランスでは婚外子の割合が40%を超えるという。

「キリスト教の影響もあり、ヨーロッパでは離婚に対する考えがとても厳しい。また、スウェーデンやフランスでは事実婚のカップルや婚外子に対する法的保護が日本よりも手厚いんです。そうしたことも“結婚”という形にこだわらない理由かもしれません」

ちなみにヨーロッパでは、日本に比べ「同棲」するカップルがはるかに多い。内閣府の調査によれば、日本の同棲率は1.3%ほどだが、スウェーデンでは25.6%、フランスでは29.2%に及ぶ。

「ヨーロッパでは成人になるとみな実家を出るため、カップルの同棲はある意味当たり前なんです」

同じ非婚化でも実態はまったく違うようだが…、せめて僕らも積極的に同棲してみる?
(河合 力)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト