キラキラ目をうまく書くコツは?

究極のデカ目Anime eyes

2012.09.06 THU


結路先生作のAnime eyes。つけまつげで盛るとより立体的に!
アメリカの一部の女子の間で流行中(!?)というトンデモメイク、「Anime eyes」をご存じ?

まぶたの上にアニメキャラのようなキラキラのデカ目を描くという、もはやメイクの域を超えちゃってるものなのですが、試しにネットで検索してみると、「anime eyes」を楽しむアメリカンギャルたちの画像や動画がザクザク…。そういえば以前、ガガ様もこんなカンジのメイクをしてましたよね。私もやってみたい!

そこで、漫画家・結路いさと先生協力のもと、「anime eyes」に挑戦してみました。

「大きいだけでなく、縦長の輪郭になるように描くとアニメっぽい目になります。黒目部分は均一に塗りつぶさず、グラデーションをつけると立体的でよりリアルな感じに見えます。このへんは普通のメイクと同じですね(笑)。 最後は“目のキラキラ“。ホワイトのパウダーなどをチップにつけ、こすらずにポンポンと数個置くとうまくできます」

今回使用したのは、黒のアイライナー、ブラウンのシャドー、そしてホワイトのハイライトのみ。手持ちのメイク道具でアニメ目が描けるなんて、なんだかビックリ! 額を動かすと描いた目がタレ目になったりツリ目になったり…いろんな表情を作ることができるのも意外に面白い! ホームパーティなどでメイクして写真を撮ったりすると盛り上がりそう。

…とはいえ、さすがにこれで外を歩く勇気はありません!
(取材・文/増岡真理)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト