「ズボラ女子」でもできる!?

話題のアーチェリーをやってみた

2012.10.11 THU


取材協力/横浜南フィールドアーチェリーコース(http://homepage3.nifty.com/ymfac) (問)045-881-1737
ロンドン五輪でアーチェリー女子団体銅メダルを獲得した蟹江美貴選手は“運動をやりたいけど、走らなそうでいい”という理由でアーチェリーを始めたそう。これはズボラ女子にピッタリなのでは? というワケで早速、横浜フィールドアーチェリーコースの初心者レッスンを受けてみた。

「フィールドアーチェリーは、森や林の中で競技するアーチェリーの一種。五輪競技のターゲットアーチェリーとはひと味違うアーチェリーが楽しめます」とは代表の吉原崇さん。

まずは練習場で基本の射ち方を学ぶことからスタート。右利きの私は弓を左手で持ち、両足は肩幅ぐらいに開き、標的を前にして体を右に向ける格好に。弦を引くのは右手の人差し指と中指、薬指の3本。親指と小指は内に曲げ、さらに親指はアゴにひっかける感じに。弦を目の前に据えたら、的の真ん中ではなくやや下の方を狙って、弦を引き、さっと離す。最初は狙いを定めるのが難しかったけれど、次第に慣れてきて…的の中心付近に矢が当たったときの爽快なこと! 猫背気味の背筋もすっと伸びた感じがして、姿勢矯正にももってこいかも。

初心者レッスン終了後にコースへ。自然の地形を生かした12の標的は、射ち上げがあったり、射ち下ろしがあったりと、バラエティ豊かなラインナップ。森の中で矢を射る爽快感は練習場の何倍にも! 森林浴しながら的から的へと歩く道のりも心地よく、深呼吸すれば心まで洗われるよう。12の標的を回りきったころにはすっきり爽快、ストレスも解消しちゃいました~♪

ちなみに肩凝り性の私ですが、アーチェリー体験翌日は肩回りがかなり楽に。上半身の筋肉をバランスよく使って血流が促進されたということ? 簡単にでき、健康的にも効果が期待できそうなんて、これはスポーツが苦手で…と二の足を踏んでいる女子にこそオススメかも!
(取材+文・佐藤ちほ/Pea Green)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト