NYの朝食の女王と呼ばれる

「サラベス」のフルーツスプレッド

2012.11.08 THU


Sarabeth’s(サラベス) 新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿店 ルミネ2  2階
今年も海外の人気店が続々と上陸しましたが、最新の話題はここ。 11月1日にオープンしたばかりのレストラン「サラベス」。お店を代表する味が、サラベス・レヴィーンさんが家族の秘伝のレシピで作ったフルーツたっぷりのジャム「フルーツスプレッド」です。フレッシュなフルーツスプレッドとパンケーキやフレンチトーストなどのおいしいプレートセットメニューが人気となり、“ニューヨークの朝食の女王”と評されるよう。フルーツスプレッドとはどんなもの?

「フルーツスプレッドは一見ジャムのようですが、砂糖の使用量が少なく、フルーツそのものを食べているようなフレッシュで甘い香りがします。基本のセットはあるけれど、どうつけて食べるか、何と組み合わせるかを試して楽しんでもらいたいですね」(サラベス シェフ 津留見和彦さん)

イチオシは、「アップルシナモンフレンチトースト」(1400円)。卵をたっぷり使ったフレンチトーストに、バナナやレーズン、メープルシロップを添え、チャンキーアップルというリンゴで作られたフルーツスプレッドが別の器についています。

メニューはアメリカ発のレストランということで、こってりしたものを想像していましたが、素材そのものの味を大切にしたシンプルな味わい。その料理をフルーツスプレッドで彩りを加えています。フルーツスプレッドはストロベリー・ピーチやアプリコット・ピーチなど、多くのものが2種類のフルーツを組み合わせて作られています。フルーツスプレッドがついていないメニューでも、別途追加もOK。

フルーツスプレッドは瓶詰めでも販売されていて、店頭では10種類がずらり。お家でもサラベスの味を楽しめます。いろんなフルーツスプレッドを試してみて
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト