イマドキ男子のクルマ事情2012

第4回 背伸びせずにクルマを買う方法

2012.12.25 TUE

イマドキ男子のクルマ事情2012

車体価格以外に、「毎月の維持費」を心配している人が約6割も!



実際に車購入にあたっての男性の本音を調べるために、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に住む20~34歳の未婚男性100人を対象に、車とお金の問題についてアンケート調査を実施(2012年11月実施・ネオマーケティング調べ)。「車を買う場合に、金銭面でどんな心配があるのか?」(複数回答可)と聞いてみたところ、ダントツの理由は「車本体の価格」(71%)という結果でした。

これは当然といえば当然の結果ですが、このアンケートで興味深かったのは、その他の結果。なんと約6割の人は、「自動車保険」(60%)、「ガソリン代」(59%)、「駐車場代」(57%)、「自動車税」(57%)という項目にも「心配」と答えたのです。これらの項目の共通点は、いずれも「車の維持に必要なランニングコスト」である点。CMなどでは車両価格ばかりクローズアップされがちですが、ユーザーとしては購入後の維持費もかなり気になっているわけですね。
車の購入にあたっては、保険料にガソリン代、駐車場代など車体価格以外の「毎月の出費」を忘れがち。購入前にどのくらいの費用になりそうか確認しておこう
となると、やっぱり車購入には二の足を踏んでしまいますが、最近では車を賢く購入する様々な選択肢が登場しているんです。なかでも注目なのが、車購入にともなう月々のローン負担を抑えられる「残価設定型」プランというもの。例えば、トヨタが提案する車購入の新しい形「トリプルアシスト」でも、この残価設定型プランを取り扱っています。

残価設定型プランとは、あらかじめ将来の下取り価格を据え置いて、残金を分割払いにする支払い方法のこと。これなら月々の支払いもずいぶんラクになりますよね。そのほか「トリプルアシスト」には「クレジット一体型保険」がセットされていたり、クレジットカード(TS CUBIC CARD)の利用で貯まったポイントを月々の返済に充てることができる「使ってバック」というサービスがあったり、うれしい機能が盛りだくさん。あわせて利用すれば、ふつうに購入するより月々の返済がラクになります。車本体の金額を抑えられれば、月々にかかる維持費の不安も少しは軽くなるはずです。

“車の購入の仕方”をしっかりと検討して、ぜひ楽しいカーライフを実現してください!

※一部お取扱いの無い販売店がございます。詳しくは販売店へご確認ください。
※「クレジット一体型保険」は保険契約者をトヨタファイナンス(株)とする自動車保険です。
※TS CUBIC CARDはトヨタファイナンス(株)取扱いのクレジットです。

ブレイクフォト