“ウォーターマーブル”の作り方!

少し残ったマニキュアの活用法

2012.12.20 THU


「ベースに白やピンクなどのカラーを塗っておくとよりキレイに仕上がります」(菊池さん)とのことです
我が家でなにげに幅をとっているのが、中身が残り少なくなって刷毛が届かなくなったマニキュアたち。塗ることはできないけど、捨てるのももったいない…そんな中途半端なやつらがゴロゴロしているのですが、上手に使い切る方法はないの!?

「ウォーターマーブルを作るのに使ってみては?」と教えてくれたのはネイリストの菊池昌子さん。

「紙コップなどに水を張り、1滴マニキュアをたらします。水面にマニキュアが広がったら、その中に別の色のマニキュアをさらに1滴。これを何度か繰り返した後、表面ををつまようじで優しくひっかいて模様を作っていきます。好みの模様ができあがったら、ゆっくりと指を水の中に沈めます。そのまま水面に残った余分なマニキュアをつまようじで絡めとってください」

水がきれいになったら指を引き上げてOK。指の第一関節くらいまで模様がべっとり転写された状態になっているので、爪からはみ出した部分を除光液で拭き取って完成!

「ほかには、ちょっとしたネイルアートに使っても。ドットやラインを描くのに使用するのもいいですね。ドット柄はつまようじのお尻の方にたっぷりめにネイルをつけてそっと置くようにのせていくとうまく描けますよ」

これは残り少なくなったマニキュアを一気
に使い切るのに役立ちそう! 

でも残ったネイルって、ドロドロに固まりかけていて使いにくくなっているんですけど…。

「それはそもそもきちんとボトルの手入れをしていないのが原因。ボトルのふちについたマニキュアは必ず除光液でキレイに拭き取ってから蓋を閉めること。これだけでドロドロになりにくく長持ちします」

ドキッ。ボトルの底に残ったドロドロネイルはお手入れの問題だったとは! 正しい保管方法で最後まで使い切りましょう!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト