ガンコな汚れも簡単きれいに!

お掃除でラクに汚れを落とすテク

2012.12.20 THU


100ccに対し小さじ一杯程度に薄めるだけで重曹水は作れます
年末の大掃除でなかなか汚れが落ちなくて困った経験はないですか? お掃除のセミナー行っているNPO日本ハウスクリーニング協会理事の高橋敬子さんに、お掃除でラクに汚れを落とすテクを聞いてみました。

「○○用とある洗剤をただ買わず、まずその配合成分のチェックを。トイレやキッチンシンク用など専用の洗剤には同じ成分のものもあり、成分次第では別の用途に応用してもOK。ドラッグストアーなどで売っている重曹の粉で作る洗剤は弱アルカリ性で、比較的軽いキッチンの油汚れや手あかなどの皮脂汚れなど、家の中の一般的な汚れにオールマイティに使えるそうです。洗剤を同じにするだけで、お掃除の効率が上がります」

掃除の仕方としては、例えば、コンロの五徳のこびりついた油汚れは、45~50℃ぐらいの熱めのお湯にアルカリ洗剤を入れた容器に2~30分程つけておけばかなり楽に落ちます!

洗剤が流れやすい壁の汚れは、洗剤を付けた上にラップやキッチンペーパーで抑えしばらく置いておく“しっぷ法”を。油がゆるんだら期限切れカードを使って汚れをこそげ落とし、スポンジや目地ブラシを使ってこするときれいに。

エアコンのフィルターなどの埃汚れは、まず埃を掃除機で吸い取ってから。いきなり拭いたり洗うと「ダマ」になり、時間がさらにかかることに。乾いた場所の掃除は、表面の埃を取ってから水拭きなどを行いましょう。

「料理後のまだコンロが温かいうちにさっと拭いておくだけも、こびりつきは防げます。ため込んだ汚れのために90分格闘するよりも、毎日の10秒が大切です」(高橋さん)

1日で大掃除を終わらせるなんて考えず、今から毎日少しずつ始めましょう!
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト