どこの湯がお好み?

2012年冬 人気温泉ランキング

2012.12.21 FRI


旅行にちょっとぜいたくを求める女性グループ客に比べ、男性がカップル利用で申し込む場合は比較的安価な宿やプランを選ぶ傾向があるとか 画像提供:Paylessimages1/PIXTA
年始年末、疲れた体を温泉でゆっくり癒やせたら最高ですよね。どんな温泉地が今年は人気なのでしょうか? JTBに、この冬R25世代の男性に人気の温泉地ベスト5とトレンド傾向をお聞きしたところ、2012年ならではの結果が見えてきました。

■2012年冬 20~30代男性に人気の温泉地ランキング(JTB調べ)
1位 登別(北海道)
2位 草津(群馬)
3位 定山渓(北海道)
4位 鬼怒川(栃木)
5位 別府(大分)

「1位の登別は今年ランキングが急上昇した温泉地です。首都圏からの旅行者が多く、その背景には今年LCC(低価格航空会社)が北海道に就航し、以前よりもリーズナブルに行くことができるようになったことが考えられます。R25世代の男性のお客様はカップルでの利用が多いので、2人でゆっくり過ごす形態のホテル・旅館が多く、周辺で観光アクティビティを楽しめるところも人気の理由ではないでしょうか」

たしかに今年はLCC各社の参入が話題となった年だったので、2012年を反映した結果ですね。女性の予約客はグループ利用が多いのに対し、男性予約客はカップル利用が多く、2人でゆっくり過ごせる温泉地を選ぶというのもうなずます。

2位の草津は、リーズナブルなホテルから伝統ある高級旅館まで幅広く揃っており、ランキング上位常連の温泉地。首都圏からも行きやすく、日本三大温泉のひとつで泉質も抜群。また、3位の定山渓は北海道内での需要が高く、札幌から2時間以内で行くことができ、アクセス良好なのがその人気の理由だそうです。

「第4位の鬼怒川は全世代では15位なのですが、R25世代には今年人気が急上昇しており、これは正直想定外でした。東京スカイツリーの開業に合わせてセットで露出されることも多くなったので関心が高まったのかもしれません。」

なるほど。東京スカイツリー効果は温泉にも及んでいるのですね。首都圏から短時間で行けるところも魅力です。昨年に引き続き今年もランクインした第5位の別府は、周辺の湯布院などよりも安価で、ファミリー層のランキングでは第1位なのだとか。

ちなみにR25世代1位の登別は総合ランキングでは7位、女性では13位、また総合1位の熱海は、R25世代ランキングでは圏外とのことなので、人気の温泉地は世代や性別、また一緒に行く相手によってかなり違いが見られることがわかります。R25世代は他の層と比べて、LCCや東京スカイツリーなどトレンドをしっかり押さえて旅行先を選んでいる様子も見てとれますね。今後LCCの就航が増えれば、遠方の温泉を、もっと身近に楽しむことができるようになっていきそうです。

(富永玲奈/アート・サプライ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト