女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

SNSで元彼発見!友達申請する?しない?

2013.01.09 WED


元カレに友達申請できますか? 画像提供/セキララ★ゼクシィ
FacebookなどのSNSを利用していると、思わぬところで元彼や昔好きだった人を発見することがありますよね。でも、見つけたはいいけど、友達申請をする勇気ってなかなか出ないもの。そんな時、皆さんはどうしていますか?SNSを利用している20~30代の女性に聞いてみました!

まずは、「SNSで元彼や昔好きだった人を見つけたことはありますか?」と質問。すると、84%の人が「ある」と回答。どうやら発見率は高いみたいですね。では、友達申請したことのある人はどのくらいいるのでしょう?こちらも聞いてみたところ、「ない」が76%という結果に。気にはなっても躊躇してしまう人が多いのかもしれませんね。

とはいえ、せっかく見つけたのだから、本当は連絡を取ってみたいと思う人も多いはず。そこで、友達申請をするときに相手に好印象を与えるメッセージの送り方を、男心と恋愛心理に詳しいぐっどうぃる博士に教えてもらいました。

「まずは“偶然”を装うこと、そして、何かしらの“理由”をつけることが大切です。例えば、『“友達かも?”の欄に名前が出てきて懐かしくなっちゃって』や、『今度仕事で◯◯会社に行くことになって△△君のこと思い出したの』など。また、文章は短く、誰に見られても困らないような内容で、あくまで何げなさを装うことが重要です。相手の出方が分からないうちは、マイナスイメージを与えるリスクを少なくするためにも、自分のテンションを悟られないようにしてください」

つい近況報告などしてしまいそうですが、最初はさりげなく…がポイントのよう。他に気を付けることは?

「最初のメッセージで『会おうよ』といった誘いや昔の思い出話、『私もいろいろあって…』などの重い話はNG。メッセージなしでの申請も、マナー的に避けた方がいいです。あとは、『高校で一緒だった◯◯です。覚えている?』など、念のため自己紹介も入れた方がいいでしょう。事前に彼の投稿が読めるのであれば、彼が恋愛モードにあるかどうかなど、調子が良さそうなタイミングを狙うことも必要。また、相手が元彼の場合は、別れて連絡をしなくなってから半年未満は友達申請しないのが鉄則です。SNSは、ともすれば元彼と再びつながることができる唯一のツールなので、別れた時の嫌な気持ちが和らぐまで、最低半年は期間を置きましょう」

なるほど…。ちなみにアンケートで、「元彼や昔好きだった人に友達申請をしたことがある」と答えた人のうち、95%は無事に受理されたとのこと。なんだかホッとする結果ではありますが、その後の交流ってあるの?「友達申請が受理された後、SNS上で交流していますか?」と聞いてみたところ、「している」と回答したのは43%。具体的には、

●「日記やつぶやきにコメントし合う。たまに共通の友達と一緒に飲みに行く」(22歳)
●「他の友達と同様に接しています。私のステータスが婚約に変わったのを見て、お祝いメールをくれました」(31歳)
●「近況報告をしたり、時々会うこともある」(28歳)

実際に会って再会を果たす人も少なくないようですが、半数以上は友達になったきりのよう。まあ、交流の仕方も難しそうではありますが、SNS上での上手な交流のポイントがあれば教えてください!

「適度に“いいね!”などをするのがオススメ。このさじ加減が難しいのですが、全投稿にコメントや“いいね!”をしてしまうと重く感じられてしまうので、他の友達と同じか、少し控えめにするのがいいかもしれません。また、コメントは1つの投稿につき1回まで。公の場での交流ということをわきまえ、深い内容や重い内容にしないことも大切です」

適度な距離感が良い関係を築く秘訣のよう。皆さんも参考にしてみてくださいね!


【取材協力】
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士。女性の恋の悩みに答えるサイト「恋愛ユニバーシティ」を主催。復縁では『あきらめきれない彼を手に入れる恋愛の極意』(大和出版)が有名。自身の体験と生命科学的視点によってつくり出された独自の恋愛メソッドを展開し、雑誌、ウェブ、書籍などで活躍中。


記事提供/男と女のホンネからウエディング情報まで『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト