キーワードは「男勝り」と「女らしさ」!?

大河ドラマのハンサムウーマンとは

2013.01.10 THU

綾瀬はるか主演の大河ドラマ『八重の桜』(NHK)。主人公の新島八重は、幕末の会津戦争で、仲間を助けるため男装姿で戦い、夫から“ハンサムウーマン”と称賛された実在の女性だとか。

「“ハンサムウーマン”って聞き慣れない言葉ですよね。アメリカでは知的で堂々とした女性を“ハンサム”といって褒めることもあります。日本だと、男勝りな性格で、バリバリ仕事をこなす女性管理職…、そんな女性を思い浮かべる方が多いのでは?」とは、恋愛コンサルタントの木村隆志さん。

つまり、仕事ができて、男勝りの女性…ってことですか? 

「そういった意味もありますが、ただ男勝りなだけでは“ハンサムウーマン”とは言えません。本当のハンサムウーマンには、優しさと女性らしさが必須です。そして、むやみに男性に頼ったり、依存しない自立心のある女性です」

自立心があって、女性らしさもあるなんて、素敵すぎです! ちなみに、そんなハンサムウーマンって男性からみてどうですか?

「すごく魅力的ですよ。今、恋愛に消極的な男性が増えているのですが、それは女性との交際をわずらわしいものだと思い込んでいるから。例えば電話に出ないと怒られる、居場所を聞かれる。食事を奢ったりプレゼントを贈ったりとお金がかかる……。そんな男性は“いちいち詮索せず、食事は割り勘でもOK!”という雰囲気のある“ハンサムウーマン”に魅力を感じるんですよ」

確かに、頼られてばかりじゃ男性も大変ですよね。では、そんなハンサムウーマンに近づく方法は?

「まずは、自分に自信をつけることです。自信をつけるには、人間関係を活性化させることが効果的。例えば、社会人サークルなど知り合いのいないコミュニティに飛び込んで友達ができたり、新たな趣味が見つかればそれだけで自信がつきますよね。自信がつけば心に余裕ができて、自然と人に優しくなれるはずですよ」

なるほど〜。早速、近所のカルチャースクールをのぞいてみようかな!?
(甲斐真理愛/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト