初めての「ひとり暮らし」ガイド

「学生寮・下宿」の最新事情

2013.01.21 MON

初めての「ひとり暮らし」ガイド


お茶の水女子大学「SCC」のラウンジ・スペースでくつろぐ三次さん(中)。ここで寮生が集まっては、いろんな話をしているとか。ちなみに撮影時は定番の“恋話”で盛り上がっていた

学生の住まいの定番「学生寮・下宿」はまだまだ健在!



学生の住まいといえば、かつては学生寮や下宿が主流。近年はアパートでひとり暮らしをする学生が増えているけど、今でも下宿ってあるのだろうか? そう思って調べてみたころ、じつはまだまだ健在。東京都内を見ても、大学があるエリアに必ず一軒はあるし、現に住んでいる現役学生も少なくない。

一方の学生寮は、民間企業が管理している物件を「学生会館」、学校が管理している物件を「学生寮」として区別することが多く、学生会館は家具や家電が一式そろっているので、すぐに生活が始められるのがポイントだ。

では、学生会館や下宿のメリットはなんなのか。第一に挙げられるのが、やはり食事。門限やプライバシー確保の難しさなどの問題はあるものの、毎日同年代の学生と触れ合えて、無事ご飯が食べられるという保証は心強い。料金は食事付きで下宿が5万~7万円、学生会館が6万~8万円が相場。都内で賃貸物件を借りてもこのぐらいの額になるので、食事面を考えれば、が然お得だ。


一方、学校が管理する学生寮も大学によって特色があって面白い。お茶の水女子大学の学生寮「SCC(STUDENTS COMMUNITY COMMONS)」は2011年にできた新しい学生寮で、システムも変わっている。

「5人の学生が生活する『ハウス』が10戸あり、住む人の性格や独自のルールで、それぞれのハウスに特色が出るんです」と説明してくれたのは、同大学2年生の三次好華さん。共同生活って大変じゃないですか?

「最初はゴミ出しのタイミングとか、些細なことで生活リズムが合わなくて少し戸惑いましたけど、すぐに慣れますよ(笑)。今の楽しみは、友達の部屋に遊びにいって『ここは散らかってるな、ここはキレイだな』ってチェックして、自分への戒めにすることです(笑)」

最初は生活習慣の違いに戸惑いつつも、同年代の学生たちと一緒に、自分たちで生活空間を作り上げる学生寮での生活。そんなライフスタイルも学生時代ならではの楽しい体験になるはずですよ。

(高橋ダイスケ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト