R25世代の最新スマホ白書2013

第2回 3年で1.5倍!スマホの“充電力”事情

2013.02.01 FRI

R25世代の最新スマホ白書2013


せっかく最新機能を搭載していても、バッテリーの持ちがいまひとつではちょっとザンネンなことに…。仕事でも遊びでも大活躍するスマホは、大容量バッテリーのものを選びたい。 イラスト/前田はんきち

スマホはバッテリーで選ぶべし。容量も充電方法も進化中!



仕事でも、プライベートでも、その便利さゆえにスマホを使う時間が増えているこのごろ。それだけにバッテリーの持ち時間は、とても重要なポイントになってきます。では、R25世代のスマホユーザーたちは、バッテリーの持ちに満足しているのでしょうか?

アンケート(※1)で「今使っているスマホのバッテリーの持ちに不満を感じるか?」を聞いてみたところ、約半数(49.8%)が「かなり不満」と回答。「やや不満」(38.8%)も合わせると、実に9割近くが不満を持っていることが判明! デジタルグッズライターの山下達也さんによると、やはり買い換え時には必ずバッテリーのスペックをチェックすべきなのだとか。
※1 全国の25〜34歳のスマートフォンを所有する男性会社員500人へのインターネットアンケート結果(2012年12月実施・webR25調べ)

「バッテリーの持ちは、スマホユーザーが常に抱える問題です。機能のリッチ化とともにより大きな電力が必要になってきているため、新しいスマホを選ぶ際はバッテリー容量の大きいものを選ばないと絶対に後悔する、といっても過言ではありません。スマホ登場初期(約3年前)のモデルの容量は1500mAhが一般的でしたが、最近では2000mAh以上が主流になり、さらに今ではそれを超える大容量のものも。また、省電力機能の進化もめざましいですね」

普段は不満に思っていても、買い換え時にはついつい見落としてしまいがちなバッテリー容量。次こそはしっかりチェックしたいものです。

さらにアンケートによると、バッテリーにまつわる不満は持ち時間以外にもあるようで、「充電のたびにコネクターを刺すのが面倒」(69%)、「充電時間が短くなって欲しい」(47.6%)といった結果も。ちょっとワガママな気もしますが、それらの点でもスマホは進化しているのでしょうか?

「最近ではコネクターを直接刺さなくても、充電パッドの上に本体を置くだけで充電ができる『おくだけ充電』対応のものも。また、通常より短い時間で充電ができる、急速充電に対応したモデルもあります」

なるほど、どちらも面倒くさがり屋のボクらにはぴったりの機能ですね。バッテリー容量とともに、スペックを調べる際には、こういった充電機能にもぜひ注目を!
新登場の「ELUGA X」は大容量バッテリー&エコナビで2日間(※2)使用可能!! 使える1台だ! ※2 お客様の平均的な使用状況を想定し、実際に測定したものです(パナソニック モバイルコミュニケーションズ調べ)。アプリやネットワークなどの使用頻度・使用環境により大きく変動する場合があります。
ということで、バッテリー容量や充電にまつわる機能が充実している最新スマホをチェック! それがパナソニックの全部入りハイスペックスマホ「ELUGA(エルーガ) X」だ。2320mAhの大容量バッテリーを搭載している上、付属のワイヤレスチャージャーの上に置くだけで充電が可能。さらには急速充電ACアダプタ04(※3)(別売)もあるなど、ボクらのバッテリーへのニーズにしっかり応えてくれる注目の1台だ(2013年1月30日発売)。

※3 「急速充電」とは、端末本体画面上で「充電してください」の表示が出たタイミングから充電を開始して60分で1200mAh以上充電でき、かつACアダプタ03使用時と比較して125%以上の効率化が満たせる充電機能のことです。 スマホユーザーのほとんどが抱えているバッテリーへの不満。それだけに、スマホ買い換えの際には「容量」はもちろんのこと、充電にまつわる様々なスペックのチェックをお忘れなく!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト