スマートフォンで失敗なし?

引越しに便利なスマホアプリ続々

2013.03.17 SUN

日々拡充されていくスマートフォン(以下、スマホ)のアプリ。iPhone、Android端末ともに、ユーザーの生活をサポートする便利アプリが続々とラインナップされているが、今回はそのなかでも「部屋探し、引っ越し」に役立つアプリを紹介しよう。

まず、検討期には『賃料計算機』が便利。物件の敷金や礼金、仲介手数料、共益費などを入力していくと契約時にかかる金額を自動で計算してくれる。さらに、住む期間分の家賃を加えたトータル金額も分かるため、月々の家賃だけに惑わされず比較することが可能だ。

ある程度物件を絞り込み、現地を見学する際に使いたいのは『Around Me』。GPSで物件近辺のスーパー、病院、銀行、レストランなどをサーチ。生活に欠かせない様々な施設と物件までの距離をチェックできる。

部屋の内見をする際には、太陽の方角や軌道を測定し、日当たりをチェックできる『Sun Seeker:3D Augmented Reality Viewer』、端末を置くと床の傾きを1度単位で測定できる『水準器プラス』が便利。細部まで妥協したくない人にオススメだ。

また、内見時に部屋を撮影しておけば『My Measures Dimensions』を使って、写真に後から寸法や角度を書きこむことができる。手持ちの家具、家電を置く場所を視覚的にシミュレーションできるため、レイアウトのイメージを固めやすい。

いよいよ部屋が決まって引越しの段になったら、引越しマニュアルが詰まった『かしこく得する引越しガイド』で用語や料金相場をおさらい。引っ越し業者の比較もできて便利だ。もし、自分で軽トラを借りて荷物を運ぶ場合は『パレット積み付けパターン』を活用しよう。段ボールの寸法を入力するだけで「効率の良い積み方」を伝授してくれる。

部屋探しで後悔しないためにも、これらの便利アプリを上手に活用してみては?
(榎並紀行)

※この記事は2011年05月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト