女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

後悔してる!?人生の分岐点での決断

2013.02.07 THU


右へ進もうか、左へ進もうか… 画像提供/セキララ★ゼクシィ
私も30歳になり、人生を振り返ってみると、ああすればよかった、こうすればよかったと後悔することが多い気が…(苦笑)。それにしても、人生が変わるほどの選択を迫られる瞬間って意外と多いですよね。皆さんの“人生の分岐点”での決断はどうだったのでしょう?私みたいに後悔しているのか、気になるところ!そこで、20~30代の女性にアンケートしてみました。

まず「これまでの人生において分岐点はありましたか?」と聞いたところ、83%の人が「ある」とのこと。おお!やはり誰にでも人生の分岐点はあるものなんですね。分岐点を迎えた年齢では、「18歳」が一番多く、次いで「24歳」、「26歳」と続く結果に。分岐点で選択した内容を詳しく聞いてみると…?

●「18歳の時、浪人して希望の大学に進学するか、エスカレーターの大学に進学するか迷って、浪人して目指すことにした」(29歳)
●「18歳で海外の大学へ進学した」(33歳)
●「24歳のとき、8年付き合っていた彼からのプロポーズを断った。その後、現在の婚約者と出会った」(30歳)
●「10代から夢を追い掛けていたが、24歳のときに将来のことを考え就職した」(29歳)
●「親族が危篤になっても駆け付けることのできない仕事に疑問を感じて、26歳で転職をした」(30歳)

一般的に「進学・就職・結婚」が3大ターニングポイントといわれているだけあって、今回のアンケートでも、この3点がほとんど。二者択一とはいえ、人生を左右するかもしれない決断だけに、皆さん、あれこれ思い悩んで決断したようです。誰だって後悔したくないですもんね。ちなみに、その選択に後悔がなかったかどうかも聞いたところ、91%の人が「後悔していない」とのこと!

●「大学へ行っていたら入れないような大企業へ就職できたから」(29歳)
●「スキルアップができ、会社を立ち上げることができたから」(29歳)
●「不規則なシフト勤務から解放されたことで、学生時代の彼と再会したから」(24歳)
●「心に余裕が持てるようになった。自分にとっての最優先が好きな仕事ではなく、好きな人たちなんだと、よく分かった」(30歳)
●「遠距離恋愛を始めて、より一層、彼の大切さに気付いた」(28歳)

きっぱり決断したからこそ、得られたことや気付いたことがあったとの声が続出!このように「あのときの選択に間違いはなかった」と胸を張って言える人生を歩んでいるって、なんだかステキですね。私も後悔ばかりしていないで、「自分の選んだ道こそベスト!」とポジティブに言えるような決断ができる、大人の女になろうと思います!


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト