初めての「ひとり暮らし」ガイド

“初めてのお引っ越し”マニュアル

2013.02.13 WED

初めての「ひとり暮らし」ガイド


「初めてなので、引っ越しそのものが不安」という新大学生もいるはず

引越し、相場よりも安く済ませるには…?



晴れて志望校に合格すれば、春から地元を離れてひとり暮らし。新居が決まれば、引っ越しの準備で楽しくも慌ただしい日々がやってきます。何かと出費がかさむことを考えれば、「引っ越し費用」はなるべく抑えたいところ。だけど、初めての引っ越しとなると、相場がよく分かりませんよね。親御さんにしても、引っ越し経験豊富な人ばかりじゃないだろうし…。果たしてひとり暮らしの引っ越し費用っていかほどなの? 節約のスペシャリストとして、雑誌を中心に活躍している節約番長さんに伺ってみました!

「距離によって変わりますが、関東-関西間で引っ越し業者に依頼した場合、大体3万円。厳密には2万弱で頼める業者もあれば、4万強かかる業者もあり、かなり開きがあります。また、指定した曜日や時間帯によって割増料金が加算されることもあって、土日祝に指定すると2割増しくらい、午後10時から午前5時頃までの深夜早朝帯に指定すると3割増しくらいに。さらにそれらの曜日や時間帯を避けても、引っ越しシーズンに当たる3月・4月・8月・10月だと、必然的に割高になります」

とはいえ、入学式や始業日に合わせて引っ越しするなら、3月を外すのは難しい。ここは「時期的に割高なのは仕方ない」とあきらめ、ほかの面でコストカットしたいところです。節約番長さんいわく、「そこで重要なのが“引っ越し業者選び”なんです」とのこと。

「多数の引っ越し業者に見積もりを一括で依頼できる無料サイトがあるので、まずはそれで見積もりの比較検討をしてみましょう。次にその中から自分の条件に合いそうな業者をピックアップして、電話でどれだけ安くしてもらえるか交渉してみます。この時、候補に選んだ業者同士を競わせるのがポイントです。たとえばA社に『2万5000円でどうでしょう』と提示されたら、B社に電話して『A社は2万5000円でやってくれるそうなんですが…』と伝えましょう。そうすると『じゃあウチは2万4000円にします』というように競ってくる可能性があります。これを繰り返して、最終的に一番安かったところに決めればOKです」

さらに「荷物の搬出・搬入の日時にこだわらなければ、もっと安くできる方法がある」とのことだけど…それって一体!?

「業者側のスケジュールで搬出・搬入の日時が決められる、つまりこちらからは日時指定ができない『フリータイム便』というのがあって、それであれば1万6000円くらいに抑えられることも。さらにほかの人の荷物と併せて配送される『混載便』というのもあり、これも搬入の日時は指定できませんが、最大で通常料金の半額まで値引いてくれることもあるんですよ」

ちなみに「荷物がそれほど多くなければ、宅配便で送ってしまうのも手」だとか。宅配便の場合、関東から関西まで送るとして、費用は一番大きな160センチサイズのダンボールひと箱につき、大体2000円弱。「家具・家電は新しく買いそろえるので、実家から送る荷物は少なめ」という人は、“宅配便でお引っ越し”も視野に入れてみるといいかもしれませんね。

(玉乃 雫/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト