初めての「ひとり暮らし」ガイド

「暮らしのトラブル」の対処法&相場

2013.02.20 WED

初めての「ひとり暮らし」ガイド


困ったらすぐに連絡するのが吉。 画像提供/PIXTA

カギ紛失、トイレの詰まり、ガラス破損…対処の相場は?



初めてのひとり暮らしともなれば、「暮らしのトラブル」は付き物。たとえば「家のカギをなくしてしまった!」とか「トイレを詰まらせてしまった」とか…。そんなときに頼りになるのが生活トラブル解決サービス。だが、頻繁にあることではないだけに、費用の相場がわからない。そこで総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を展開する、ジャパンベストレスキューシステムの早川さんに基本的な費用を聞いてみた。

「たとえばカギをなくしてしまった場合。作業員が現場に駆けつけて玄関ドアや勝手口等の解錠を行いますが、作業料金は8400円からとなります。もちろん、作業前にご本人様確認(身分証提示)と誓約書記載が必須です。どんなトラブルにせよ、現場、もしくは電話でキッチリとお見積もりさせていただき、作業内容の説明、作業料金のご案内にご納得いただいた上で作業を開始します。ご質問、心配なことがございましたら、受付スタッフや訪問スタッフへ何なりとご質問ください」

カギのサービスなら24時間365日、電話受付でスタッフが駆けつけてくれるという。夜間は時間外料金が掛かるとはいえ、親元を離れた学生にとっては心強い存在だ。ちなみに、どんな依頼(相談・問い合わせ)が多いのだろう?

「やはり自宅などの建物解錠が一番多いですね。2番目がトイレや風呂排水等の水詰まり。ガラスの破損もよくあります。トイレ詰まりの場合、軽度の詰まり抜きなら8400円から、割れたガラスの交換は1万6200円からとなります」

なるほど。色んなトラブルに対応してくれるのは心強いが、学生にとってはバカにならない費用が掛かる。バイト代1日分が消えるのは覚悟したほうがよさそうだ。ちなみに筆者は以前、仕事先のトイレに携帯電話を流してしまい、取り出してもらったことがあるが…。

「依頼件数は少ないですが、その場合は便器脱着作業となりますので料金は2万4150円から、作業時間は1~2時間ほど掛かりますね。そのほか珍しいトラブルとしては、ペットの犬・猫がマンションの玄関ドアのバーロックを閉めてしまった…なんてケースもあります。こちらは玄関の建て付け状況確認が必要で、料金は1万500円からとなります」

費用を聞いて、「気をつけなきゃ」と思った人も多いのでは? ただ、いかに気をつけようが、起きるときには起きてしまうのがトラブルというもの。万が一のときは、出費覚悟でお世話になろう。素人が下手に手を出すと、かえって事態が悪化する可能性もあるのだから。(斉藤陽子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト