思わず欲しくなるグッズ!

舌や歯を拭いてお口をケアするシート

2013.02.12 TUE


シートは10枚入り。水を使わずに口腔ケアができるので、アウトドアシーンでもオススメ。防災袋に入れておいてもいいかもしれない
今回、紹介するアイテムは“タンタンメン”。でも、辛みの効いたあの麺料理ではありません。『舌舌男』と書いて「タンタンメン」と読ませる商品なのですが、その名前からは使い方がまったく想像できません。見た目は、顔がべたつくときに脂を拭き取るフェイスシートのようですが…。なんとこの商品、舌をはじめとして、歯や歯茎の汚れを拭き取るためのシートなんです。

舌の表面には、舌苔(ぜったい)と呼ばれるこけ状の汚れがついています。これは、食べかすや口腔粘膜などのタンパク質が細菌によって分解された汚れで、口臭の原因にもなる憎いヤツ。『舌舌男』は、シートで舌を拭くことにより、この舌苔を除去。加えて、歯茎や歯など口腔全体を拭くことで、口の粘つきや細菌を取り除くこともできるのです。試験では、寝起き時に『舌舌男』を使用したところ、口腔内の細菌の数が1/20まで減少。これは、歯磨き後に残った細菌の数よりも少ない数値なのだとか。

使用するときは、シートを1枚取り出して、人差し指と中指の2本に軽く巻き付けます。あとは、歯ブラシを使う要領で、舌や歯、歯茎を優しく拭くだけ。舌磨きは、歯ブラシなどで強くこすると、舌を傷つけることもありますが、こちらは指を使うことで、優しく汚れを取れるのもメリットのひとつです。

実際に使用したところ、ミント味で爽快感を得られ、また、口内の粘つきが取れて、息がスッキリした感じがしました。なんでも、口の粘つきを改善する“エリスリトール”という成分や消臭作用がある“チャ葉エキス”が配合されているのだとか。加えて、保湿効果が高い“ヒアルロン酸Na”や“アロエベラエキス”、そして細胞の活性化を促し粘膜の生まれ変わりを促進するといわれている“フルーツリンクルプロテクトエッセンス”なる成分も配合しているそうです。

外出先でのランチのあとなど、気軽に歯磨きができない場所などで活躍してくれそうな「舌舌男」。また、大事な打ち合わせやデートの前など、口臭が気になる場面の必需品になるかもしれません。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト