スマートマネー調査隊

第1回 デートの会計時の支払いで試される男の器とは?

2013.02.13 WED

スマートマネー調査隊


デート中の会話がトップとなったほか、「お礼のメールがすぐに来る」や、「何気ないことで褒める」などのポイントが高かった。“時間を気にせず”初日からがっつかないことも忘れずに…

会話に自信がなければ、目の前の料理をネタにすべし!



「まず気をつけたいのがメニューオーダー。女性は『好き嫌いがある』と思われたくなくて、何もいえないことが多いんです。そこで、食べられないものをさりげなく聞いてあげる。あとは男性主導でメニューを決めると肉や炭水化物だらけになりがちなので、サラダなどの野菜を取り入れるように気をつけましょう」とは、恋愛コラムニストの相沢あいさん。先回りして気を利かせるのが重要なポイントとのこと。

また、首都圏在住の20~34歳の働く女性100人に聞いたアンケート調査で、デートでの男性の気遣いについて、好印象を抱くポイントを調べたところ、実に51%もの女性が“興味のある話を振ってくれる”をあげている。確かに、デートでの会話が大切なのはわかるけど、トークにあまり自信がない人はどうすれば?

「ぜひ実践してほしいのが、今食べているものについて話をすることです。そこから広げて相手の好き嫌い、いろんな好みについて聞き出します。自分の話は聞かれたら答える程度で、聞く姿勢を大切に。質問する態度は『君に興味があるんだ』というサインにもなります。それに、自分の話なら誰もが答えられるでしょ」

相手の好みを聞き出すことで「次は(君が好きそうな)ここに行こうよ」と、次回の約束まで取り付けやすいのだとか。

うまく会話が盛り上がったら、あとは会計を済ませるだけ。だが、ここでも女の子は男子の振る舞いをチェックしているのを忘れてはいけない。
本音に加えて現実でも、「初デートは男性が全額持つ」というのがセオリー。昨今の不況から割り勘容認派が増えているかと思いきや、男性に頼りがいを求める女性の姿はいつの時代も共通なのかも
デートの支払いについての、女の子の本音と現実を調べてみたところ、初デートでは54%の女の子が“男が全額払うべき”と回答。2回目以降のデートでも、本音では男の全額払いを望んでいる(40%)という結果が…。

とはいえ、2回目以降のデートでは、現実的には男子の全額払いが21%と激減することから、「初デートくらいは、全額もって!」というのが落としどころかもしれない。

いずれにせよ、彼女のハートを射止めるためにも、初デートの支払いはスマートにこなしたい。そこで、財布のなかに1枚入れておきたいのが、クレジットカード。じつは、「デートでの支払いがスマートなのは?」というアンケートに対して、“クレジットカード”と答えた女の子が41%であったのに対し、“現金”払いは16%にとどまるという結果が。どちらも同じ(43%)と考える女の子も多いものの、どうしてクレジットカードでの支払いをスマートに感じる女の子が多いのだろう?

「クレジットカードなら、たとえば自分の離席中に男性が支払いを済ませてくれるなど、スマートな振る舞いを期待できますよね。それにテーブルチェックなら、店のスタッフは男性側にだけ伝票を見せ、女性側には見せないのが一般的。つまり、現金を目にしないことで、女性は金額を意識せずに済むわけです。あとはカードが持つ社会的信用=男性の頼りがいにつながるという見方もありますね」

最後に「よくある恋愛テクニックに頼りすぎずに、マナーやホスピタリティといった基本を大切に」と相沢さん。初デートは相手への気遣いと、軍資金ならぬクレジットカードを忘れずに臨んでいただきたい。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト