バナナやおでんはもう古い!

自動販売機のトレンドをリサーチ

2013.02.14 THU


渋谷丸荒渡辺 http://www.maruara.com/
バナナやカットリンゴなどのフルーツ、おでんやラーメンなどを販売する自動販売機がこれまでにも話題になってきましたが、最近さらにユニークな自販機が登場しているよう。

今までは買うのに時間がかかったメガネや判子まで、自販機で簡単に買うことができるんです。パソコンやスマートフォンを使う人向けのメガネ「JINS PC」が、ショッピングモールや空港に設置された自販機で買うことができように。液晶画面から発するブルーライトから目を守るためのこのメガネは、普段メガネをかけない人にも人気の商品です。また、判子の自販機では、名前を入力し、印鑑の種類、字体、印材を選んで、わずか10分弱で完了というスピーディさもポイント。判子というと、珍しい苗字の場合はオーダーが必要でした。でも、これなら必要なときにすぐ入手できて便利ですね。

さらにいま話題になっているのが、渋谷にある日本土産が入った自動販売機。こちらは渋谷丸荒渡辺という和雑貨・土産物専門店の横に設置されています。店長の渡辺欣嗣さんによると、ジュースやタバコの自動販売機を6台設置していて、その様子を撮影する外国人が多かったことがきっかけだったとか。

「折鶴型のイヤリングなどのかわいいものから、打ち出の小槌などの日本版ラッキーアイテムのキーホルダーなど、外国人に受けそうな雑貨を並べました。海外では壊されてお金が盗まれることを恐れて、自動販売機を外に置くことはめったにないため、至るところに自動販売機がある光景は珍しいようです。一番購入されているのは外国の方ですが、この自販機のことを聞いてわざわざ買いに来る日本の方も多いですね。前で写真を撮っている方もよく見かけます。路上に設置されている自動販売機は、治安がいい日本の象徴のようなもの。新たな名物になればいいですね」(渡辺さん)

治安のいい日本だから、これだけバリエーションが増えているのかも。あなたも面白い自動販売機を探してみては?
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト